中国輸入は稼げない?僕がAmazon相乗り転売をやめた理由

こんにちは。

元トヨタディーラー整備士のガイです。

 

この記事では、

「中国輸入ビジネスって稼げるの?」

「中国輸入ビジネスは稼げないって聞くけどほんと?」

といった疑問に対して、中国輸入ビジネス歴4年の僕が、実体験を踏まえてお答えしていきます。

 

併せて、ネット物販初心者の方におすすめなビジネスモデルと言われている「amazon相乗り転売」「amazonせどり」の闇を暴いていきます。

 

amazon転売、アマゾンせどりは本当に稼げるの?

結論から言いますと、アマゾン転売、せどりともに稼げます。

 

僕自身、副業で中国輸入Amazon転売を始めて約半年で毎月10万円を稼げるようになり、開始約1年後には毎月25万円を稼げるようになり、会社を辞めて独立をしました。

 

では、毎月25万円も稼いだのになぜ辞めてしまったのか?

 

稼げるのにやめてしまったのには7つの理由がありました。

稼げる中国輸入をやめた7つの理由

商品リサーチをしても、全然儲かる商品が見つからない

一見、商品リサーチと聞くと、1時間で何商品も儲かる商品が見つかりそうなイメージを持つ人が多いです。

僕も最初はそうでした。

 

しかし、やってみてわかりました。

全然簡単じゃないです。

 

というか、儲かる商品なんて、そう簡単に見つかるものではないです。

 

商品リサーチでピックアップする商品のほとんどが、販売したら赤字になるも商品ばかり。

 

そんなこんなをしているうちに、儲かる商品が1つも見つからないまま、8時間が経過するなんてこともザラにあります。

毎日の商品リサーチにかかる時間がえげつない

商品リサーチは簡単ではない。と先ほど述べましたが、簡単ではないからこそ、商品リサーチに多大な時間を費やさなければいけません。

実際僕は、毎月25万円をAmazon転売で稼いでいたときでも、毎日商品リサーチを8時間もやっていました。

副業でAmazon相乗り転売をやっていましたので、

本業の拘束時間が12時間。

帰宅して商品リサーチに8時間。

仕事の準備はご飯を食べる時間が1時間。

睡眠時間3時間。

こんな生活を毎日送っていました。

 

稼げるようになっても楽にならない

せどり、転売いずれもそうですが、Amazonでは1つの商品ページを使って多くの出品者が同時に商品を販売しています。

また、全員の出品者から満遍なく買われることは一切なく、商品ページのカート獲得をした出品者の商品しか売れません。

 

このカートを獲得するために、全ての出品者は最安値に設定します。

 

したがって、値下げ合戦が続きますので、利益が出る商品も2週間もすれば利益が出ない商品になるわけです。

 

転売、せどりで安定して利益を出し続けるには、次から次へと利益が出る商品を見つけてストックしては、仕入れて販売する。この作業永遠に繰り返さなければいけません。

ビジネス構造的に、毎日商品リサーチを行わなければ、次に仕入れる商品がなくなり、稼げなくなるのです。

商品リサーチに追われる

転売、せどりでは、商品リサーチの手を止めている暇はありません。

次の利益を生み出してくれる商品を見つけるため、昼夜問わず商品リサーチに時間を割くことが必須です。

 

Amazon転売ならまだインターネットで完結するので商品リサーチを夜中することができますが、店舗仕入れのせどりでは、ほとんどの店が20時で閉まってしまうため、日中は死に物狂いで商品リサーチに時間と労力を使わなければいけません。

 

平日休日関係なく、毎日商品リサーチをしなければ稼ぎ続けることができないというのは、本当に地獄そのものです。

少しでも休むと収益がなくなる。安定性がない。

せどり、転売で稼ぎ続けるためには、ゴールデンウィークなどの連休も、休むことはできません。

僕自身、ゴールデンウィークは遊びに一切出かけず、家にこもって12時間商品リサーチをしていました。

 

もし休んだ場合、休んだ分だけ次に利益を生み出してくれる商品がなくなります。

同じ収入を維持するには、休むことは決して許されません。

誇れるビジネスではない

転売、せどりは確かに稼げはするものの、心のどこかに「後ろめたい気持ち」は常に持っていました。

「どんな仕事してるの?」と言われて、「転売ヤーやってるよ」なんて大きな声で言えないですよね。

 

25万円稼いでいる時も、早いところ別のビジネスモデルに変更したいと常に思っていました。

 

Amazonでは、個人が新品商品を販売することは規約違反とアマゾンの規約に明記されていますし、完全にグレーなビジネスですよね。

規約にそぐわない商品を、隠れて販売する時点でアウトですし、もし規約違反をAmazonに見つかったら、アカウント閉鎖もされかねません。

完全にブラックですね。

在庫管理が大変

転売、せどりに共通する特徴として、多種多様な商品を少数取り扱います。

1商品を100個在庫するのと、100商品を1つづつ在庫するのでは、在庫管理の労力は天地の差です。

 

ビジネスに安定性を持たせるために、ある程度の商品数は必要だとしても、50種類、100種類となってくると全てを把握することは困難を極めます。

 

また、商品数が多いということは、発注書を作るのも一苦労です。

100商品分、入力項目を埋めなければいけません。

 

精神的に疲弊する

 

毎日、商品リサーチを8時間も行わなければいけないので、副業の場合は睡眠時間が極端に少なくなります。

そして、たまの休みも、休んだら収入がなくなる為、商品リサーチの手を止めることができません。

 

儲かる商品が見つかっても、商品数が多くなりすぎるため、在庫の管理と発注に、多大な時間がかかりますし、

毎日商品リサーチに8時間も時間を割いているのに、全然儲かる商品が見つからないと、精神的に不安定になります。

 

稼げればなんでも良いというなら良いかもしれませんが、僕なら絶対お勧めしません。

転売、せどりの通過点にするべき

「僕は、これから”せどりだけ”で稼いでいく」

「私は、”amazon転売だけ”で稼いでいく」

といった考えの元、転売、せどりをされるのであればお勧めしません。

 

しかし、ODM、最終的にはOEMをするための通過点として、「転売」「せどり」に着手するのであれば、やってみる価値は十分にあります。

 

実際、「転売」「せどり」をすることで、

Amazonで儲かる商品の特徴。

Amazonで売る商品の特徴。

適正な在庫管理のやり方。

利益計算のやり方。

中国輸入の商品リサーチ〜仕入れ〜販売の流れ

がはっきり分かるようになるといった大きなメリットもあります。

 

ですので、あくまでも転売、せどりは通過点として、ODM、そしてOEMへステップアップしていくためのファーストステップとして考えてチャレンジしていきましょう。

せどり、転売の次は「ODM」を目指そう

せどり、転売でしっかり基礎知識を身に付けつつ、徐々に「ODM(プチOEM)」にシフトしていきましょう。

 

ODMにビジネスモデルをシフトチェンジできれば、Amazon相乗り転売のように価格競争に巻き込まれることもなくなりますので、一つの商品で長く利益を生み出し続けることができます。

従って、毎日商品リサーチをしなくても、安定して毎月収益を生み出し続けてくれる資産になります。

 

ODM(プチOEM)販売について、こちらの記事で詳しく解説していますのでご参照ください。

ODM(プチOEM)とは?

まとめ

たしかに、転売、せどりは、誰でも簡単に始められます。

始めやすいのはメリットではありますが、同時にデメリットでもあります。

 

誰でも簡単に始められるということは、新規で始めるライバルが多いということです。

参入障壁が低いため、どんどんライバルが増えていき、次第に稼げなくなる。

 

これが、転売、せどりビジネスの闇です。

 

あくまでも「転売」「せどり」は通過点として、少ない労力で安定して高い収益を生み出せるODM、OEMもオリジナル商品販売ビジネスを成長させていきましょう!

追伸

オリジナル商品販売で叶える「時間とお金」に縛られない生き方

僕は元々、Amazon相乗り転売をしていましたが、今は辞めて、プチOEM販売にビジネスモデルをシフトチェンジをしています。

毎月10分間の発注作業だけで、毎月40万円を安定して稼ぎ、東京都端っこでのんびり暮らしています。

 

そんなプチOEMのノウハウを、僕の今までの経験をもとに、1つの教科書にまとめました。

無料メルマガ講座で、プチOEMの教科書を無料プレゼントしています。

合わせて、30分無料コンサルティング申し込みも受け付けておりますので、ご希望の方は、お気軽に以下から登録、ご相談ください。

プチOEMの教科書を受け取る

30分無料コンサルティング申し込みフォーム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です