Amazon物販ODM商品を独占販売する方法

こんにちは。

元トヨタのディーラー整備士、ガイです。

 

 

この記事では、Amazon物販ODMでも商品を独占して販売していける方法をご紹介していきます。

それでは早速内容に入っていきます。

 

ODMとは?

中国輸入Amazon物販のビジネスモデルの一つとして、ODMというものがあります。

 

僕は「プチOEM」と呼んでいます。

「簡易OEM」という人もいますね。

 

 

OEMは、商品そのものに改良を加えるのに対し、ODMは商品には改良を加えません。

 

差別化をするために、パッケージを自社オリジナルにしたり、自社オリジナルで他の商品とセットにして販売したりはしますが、既存の商品をそのまま販売することには変わりません。

 

 

どれだけパッケージを変えても、あくまでも既存商品なわけなので、どうしても同じ商品を取り扱う強豪他社が現れてきてしまうと、すぐに需要を奪われてしまうんですよね。

 

 

ODMの強み

 

商品改良を加える必要がないので、少数から発注可能です。

 

OEMの場合、最低1000ロット発注をしなければいけないような場面もザラに出てきます。

それに比べ、ODMは、数個単位でお買い物感覚で発注できるのが最大の強みですね。

 

 

リスクが少ないということです。

 

 

最初に多くのロットを抱える必要がないので、最悪、販売して売れなかったら違う商材に変えるという判断も容易にできます。

最初にある程度のロット数を抱える必要があるOEMでは、なかなかそうはいきません。

 

ODMの弱点

 

自社オリジナル商品として販売しながらも、低リスクで商品を発注できる低リスクなODMではありますが、強みだけではありません。

 

既存商品をそのまま仕入れるということは、いわば、他の人も同じ商品を仕入れて販売できるわけです。

 

 

なので、ODMによくありがちなのは、

 

せっかく売れる商品ページを育てて、売れるようになってきたのに、強豪ライバルが現れて需要を持っていかれ、売り上げが大きく下がってしまった。

このパターンが結構多いです。

 

 

同じ商品である以上、大きな差別化は難しいんですよね。

 

一つの商品で、長く収益を生み出し続けることはできなくはないですが、とても難しいです。

 

常にライバルとの差別化に悩まされます。

 

AmazonODMで、独占販売する方法とは?

 

差別化が難しく、同じ商品を強豪ライバルに販売されて、売り上げが下がることに悩まされるODMではありますが、

 

低リスクで仕入れることができて、尚且つ、自分以外の人は同じ商品を販売することができない。

 

こんな夢のようなODM方法があるんです。

 

ここから、Amazonで独占してODM販売する方法をお伝えします。

 

取り扱い商品のブランド名で商標を取得してしまう

 

ODMで、独占販売する方法はズバリ「商標を取得する」ということです。

 

 

 

「なんだ。そんなことか。」

と思ったそこのあなた!!!

 

 

 

 

商標取得とはいっても、自分でブランド名を決めて商標を取得するのではありません。

 

ここでお伝えする「ODMで商品を独占販売する方法」の場合は、「元々ついている商品のブランド名」で商標を取得します。

 

 

 

え?

すでに商品にブランド名がついているんだから、そのブランド名で商標取得はできないでしょって?

 

 

それができるんです。

 

 

 

 

例えば、この商品を例に出します。

 

Amazon商品ページでのブランド名は「LORDWEY」ですが、商品自体には「MAISHIDAI」と記載されています。

 

 

 

この商品を中国サイトで調べてみましょう。

 

 

同じような商品たくさんヒットしました。

 

もっと詳しくみていきます。

 

ガッツリ「MAISHIDAI」と記載されていますね。

商品の形状も、Amazon絵d販売されている商品と同じですし、同一商品で間違いありません。

 

 

ということは、Amazonで販売されていた商品は、中国から仕入れた商品ということが断定できますね。

 

 

この商品は、中国では「MAISHIDAI」というブランド名で作られて販売されている商品ということになります。

 

 

 

 

ということは?

 

このブランド名で商標を取得して仕舞えば、この商品を日本で商用販売できるのは自分だけということになります。

 

 

 

 

 

そんな簡単に商標取得できるの?

中国でのブランド名とはいえ、ブランド名がついているんだから、すでに商標取得されているでしょ。。。

 

 

 

 

そう思うじゃないですか?

 

 

これが意外と、日本国内で商標取得されていないケースが多いんですよ。

 

 

 

 

 

まさにこの「MAISHIDAI」というブランド名もその一つです。

 

 

商標取得されていませんよね?

 

 

ということは、「MAISHIDAI」という名前で商標を取得すれば、「MAISHIDAI」と記載されたバッグを、日本で商用販売できるのは自社だけになるというわけです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今、ODM販売している商品に元々付いている、よくわからない「ブランド名」で商標を取得して仕舞えば、日本国内で独占販売をしていくことができます。

 

 

すでに日本国内で商標を取得されている中国商品のブランド名もありますが、まだまだブルーオーシャンです。

 

今取り扱っているODM商品で、これから独占販売したい場合は、この手法を使ってみてください。

 

 

商標の取得方法に関しては、「toreru」という商標取得代行サービスを使えば、申請するだけで、あとはほぼ放置しておくだけで商標取得まで自分の代わりに進めてくれる会社もあります。

 

積極的に利用していきましょう。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です