FBA料金シミュレーターの使い方と注意点!

FBA simulator

こんにちは、元自動車整備士のガイです!

 

 

この記事では、

FBA料金シミュレーターの使い方が、いまいちよくわからない。

という方に向けて、FBA料金シミュレーターの使い方と注意点を徹底解説します。

 

FBA料金シュミレーターとは?

 

FBA料金シミュレーターとは、

Amazonが無料で提供している、Amazon手数料の計算ツールです。

Amazon手数料だけでなく、利益計算もできます。

 

 

以前は、出品者アカウントがないと利用できませんでしたが、

今ではゲストとして、出品者アカウントがなくても利用できるようになっています。

 

 

ただし、1日5回までしか調べることができませんので、慎重に使っていきましょう。

FBA料金シミュレーターの使い方

 

FBA料金シミュレーターにアクセス

FBAシミュレーターはこちらからアクセスできます。

 

「ゲストとして続ける」をクリックして、サイトを開きます。

FBA simulator

 

ASINを入力

 

Amazon商品ページの中段に「登録情報」が記載されている部分があります。

FBA simulator

この「登録情報」の中の「ASIN」をコピーし、

FBA simulator

FBA料金シミュレーターの検索窓に貼り付けをして検索します。

 

 

ちなみに、

  • 「ASIN」 Amazon内での商品識別コード
  • 「JAN」 日本国内での商品識別コード

になりますので、「ASIN」「JAN」が混合しないように注意しましょう。

 

JANコードの取得方法は、こちらの記事で解説していますので参照ください。

GS1事業者コード(JANコード)の取得方法とは?

入力項目

 

FBA料金シミュレーターは、

  • 出品者出荷(自己発送)
  • Amazonから出荷(FBA発送)

で、それぞれ入力する項目が異なります。

 

【出品者出荷(自己発送)】の入力項目

FBA simulator

入力項目は10箇所になります。

 

・商品価格
→ Amazonの販売価格

 

・配送料
→ お客様への配送料金

 

・出品者出荷の費用
→ 発送にかかった諸々費用の詳細 ↓

  • 労賃:外注費など
  • 梱包材:プチプチ材費用など
  • 購入者への出荷:送料
  • カスタマーサービス:返品処理費用など

 

・商品あたりの月額保管手数料
→ 1商品にかかる在庫保管料金

 

・平均保管在庫数
→ 在庫数

 

・商品原価

 

【Amazonから出荷(FBA発送)】の入力項目

FBA simulator

入力項目は4箇所になります。

 

・商品価格
→ Amazonの販売価格

 

・Amazonへの納品
→1商品にかかる輸入経費

 

・平均在庫数
→ 在庫数

 

・商品原価

 

Amazon手数料だけを確認する方法

 

・・・。

 

計算したものの、計算結果が複雑で、どこが何を表しているのかよくわからない、、、。

 

そう感じた方も多いのではないでしょうか?

 

おそらく9割以上の方が、

”Amazon手数料だけ知りたい”

という目的で、FBA料金シミュレーターを利用されていると思いますので、Amazon手数料の見方を解説します。

 

商品価格のみ、入力して計算する

「商品価格」だけ入力し、それ以外の項目は全て「ゼロ」にして計算をすると、

このように、自社出荷の場合、FBA出荷の場合のそれぞれのAmazon手数料だけが算出されます。

FBA料金シュミレーターの使い方で注意すること

 

Amazon手数料は、商品ページに登録されている「商品ジャンル」「商品のサイズ」「商品の重さ」によって大きく変動します。

基本的に、ASINをコピーして検索すれば、

FBA simulator

このように、既に登録されている商品ページの情報に従って自動計算されます。

 

ただし、商品ページに商品サイズや商品の重さが登録されていない場合は、

FBA simulator

このように入力項目が表示されます。

この場合、商品を測定し、手動で入力する必要があります。

 

 

ここで入力する、商品のサイズと商品の重さは、正確な数字でなければいけません。

 

 

もし、曖昧な数字を入力して計算すると、全く異なるAmazon手数料が算出され、本来赤字である商品を利益が出ると勘違いし、仕入れてしまうというトラブルが起きます。

 

 

ここからは、実際に、商品寸法と実重量を正しく入力した場合と、間違えて入力した場合で、どのくらいAmazon手数料の検索結果に違いが出るのか検証します。

 

FBA simulator

 

FBA simulator

このように、商品の寸法と重量が異なると、大きく計算結果が変わってきます。

 

商品の寸法と重量の記入ミスが原因で、利益が出ると思って販売したのに赤字になった。

なんてことにもなりかねません。

 

正確な利益計算をするために、FBA料金シュミレーターの商品寸法と、商品重量記入欄は、正しい数字を入力しましょう。

 

Amazon商品ページから、FBA料金シミュレーターにアクセスする方法

Amazon手数料を調べることができたり、利益計算もできる便利なFBA料金シミュレーターではありますが、

毎回、商品ページのASINをコピーして、FBA料金シュミレーターを開き、検索しなければいけないのは、正直、面倒ですよね。

 

 

そこで、Amazon商品ページからFBA料金シュミレーターにアクセスできる方法をご紹介します。

 

商品ページから1クリックでFBA料金シュミレーターにアクセスができるようになる他、FBA料金シュミレーターにアクセスした段階で、自動でASINを入力して検索してくれますので、とても便利になります。

Google Chrome拡張機能「smasurf」を導入する

FBA simulator

smasurfnの導入はこちら

「sma surf」を導入することで、Amazon商品ページから直接、FBA料金シュミレーターにアクセスすることが可能になります。

「smasurf」の導入後、の操作方法を解説しますね。

 

「sma surf」を使って「FBA料金シミュレーター」にアクセス

 

「sma surf」の導入が完了したら、Amazon商品ページの右下に注目してください。

オレンジ色で「smasurf設定」と表示されますので、そこへカーソルを合わせます。

FBA simulator

 

カーソルを合わせ、「アイテムクイックを表示する」にチェックを入れます。

FBA simulator

 

オプションの中から「FBA料金シミュレータ」をクリックします。

FBA simulator

 

smasurfを使って、Amazon商品ページからFBA料金シミュレーターにアクセスすれば、以下の画像のように、アクセス元の商品ページのASINで自動検索されます。

FBA simulator

Amazon商品ページから、サクッとAmazon手数料を調べたい時や、利益計算をしたい時に重宝します。

ぜひ「smasurf」を導入して、FBA料金シミュレーターを使いこなしていきましょう!

まとめ

FBAシミュレーターの使い方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

このように、FBA料金シミュレーターでは、Amazon物販で発生するAmazon手数料を簡単に計算することが出来ます。

 

「sma surf」を導入すれば、仕入れを検討している商品のページからサクッと、FBA料金シミュレータに移動して、利益計算をすることも可能です。

 

Amazon物販をする上で、利用必須のツールですので、しっかりと使い方をマスターしていきましょう!

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

追伸

オリジナル商品販売で叶える「時間とお金」に縛られない生き方

僕は元々、Amazon相乗り転売をしていましたが、今は辞めて、プチOEM販売にビジネスモデルをシフトチェンジをしています。

毎月10分間の発注作業だけで、毎月40万円を安定して稼ぎ、東京都端っこでのんびり暮らしています。

 

そんなプチOEMのノウハウを、僕の今までの経験をもとに、1つの教科書にまとめました。

無料メルマガ講座で、プチOEMの教科書を無料プレゼントしています。

 

合わせて、30分無料コンサルティング申し込みも受け付けておりますので、ご希望の方は、お気軽に以下から登録、ご相談ください。

プチOEMの教科書を受け取る

30分無料コンサルティング申し込みフォーム

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です