Amazon物販するならリサーチから!リサーチ方法を徹底解説

こんにちは。

元トヨタディーラー整備士のガイです。

 

「Amazon物販を始めるには、まずは商品のリサーチをしましょう!」

みたいなこと書いている記事ってめっちゃ多いですよね。

 

そのAmazon物販のリサーチのやり方が知りたいんですけど。。。

そう思う方も少なくないです。

 

そこで、この記事ではAmazon物販で販売する商品のリサーチ方法を解説します。

商品リサーチにはツールが必要

 

Amazon物販のリサーチで見ていく部分は、ズバリ「月間販売数」です。

利益の部分は一旦置いておいて「月間販売数」にフォーカスしていきます。

 

いくら利益が出ようが、なかなか売れない商品だと仕入れ資金は一向に返ってきませんし、不良在庫になり仕入れに使ったお金は返って来ない可能性すらあります。

 

 

それはなんとしても避けたいところ。。。

 

 

販売数が多い商品であれば、利益が少なくても売れるわけですので、しっかり仕入れに使ったお金を早く回収できるというわけです。

なので、あまり利益ばかりにフォーカスしないで、まずは売れる商品を探すことに重点を置いていきましょうね。

 

 

Amazon物販で売れる商品かどうか判断する材料は「月間販売数」で、その月間販売数を測定できるのが「ツール」という感じです。

オススメの無料のリサーチツール

まだAmazon物販での収益がない人にオススメできるのが無料のリサーチツールです。

なんといっても無料で使えるのが魅力的。

 

ただ、有料のリサーチツールに比べると、測定データが不正確。

なので、データを完全に信用するのは避けた方がいいです。

 

正確なデータ調べることができないので、無料のリサーチツールの情報はあくまでも参考までに捉えてAmazon物販での商品のリサーチをしていくと良いです。

モノレート

モノレート

モノレートは、

  • Amazonランキングの推移
  • 過去の販売価格の推移
  • 月間販売数など

の項目を、無料で見ることができる最も有名な無料で使えるリサーチツールです。

Amazon物販をやっている人で知らない人はいないほどなので、多くの方が愛用しています。

 

無料のリサーチツールを使うのであれば、モノレートは利用必須ですね!

※現在はサービスが終了してしまい、使えなくなってしまいました、、、。

デルタトレーサー

デルタトレーサー

デルタトレーサーは、モノレートの機能同様に、

  • Amazonランキングの推移
  • 過去の販売価格の推移
  • 月間販売数など

を見ることができる無料のリサーチツール。

モノレートが無くなった今、デルタトレーサーを使う人が多いですね。

 

デルタトレーサーのデータは、実際の販売数と大きな相違があることが多いです。

数字を完全に信じ切ってしまうと「売れる商品だと思って仕入れたのに売れない」みたいなことが多発する可能性がありますので、注意が必要です。

デルタトレーサーを使ったAmazon物販のリサーチ

リサーチをしたいAmazon物販で販売する商品の「ASIN」を検索窓に入力しましょう。

 

検索結果の中断の「販売状況」で「月間販売数」を確認することができます。

Amazon物販では、商品ページに注文が入ると、Amazonのランキング上昇します。

なので、ランキングが上昇しているタイミングが、商品が売れた瞬間というわけですね。

 

ただし、一つの注文で1個買われようが10個買われようが、ランキングの上昇は1回のみなので、ランキングの推移と月間販売数の数字が異なる場合もあります。

オススメの有料リサーチツール

無料のリサーチツールに比べて、正確な販売データを測定できることに加えて、様々なリサーチ機能を兼ね備えているのが有料ツールです。

 

Amazon物販は商品のリサーチが命なので、判断基準になるデータは正確なものを使っていきたいですね!

また、便利なリサーチ機能もあるので、これからAmazon物販で大きな収益を上げていきたいと考えている人には是非導入してみてほしいツールです。

セラーの取扱商品を丸裸にできる「あまログ」

あまログ

商品の過去販売実績を詳しく確認できるのが、あまログの特徴です。

「ASIN」をあまログに入力してリサーチをすれば、

  • 月商
  • 販売数
  • ランキング推移
  • 販売価格
  • 在庫数
  • セラー名
  • 出荷方法
  • 出品者数
などなど。

といったのように、数多くの過去の商品の販売データの詳細を見る事ができるんです。

さらに、セラー数やセラー名も確認ますし、そのセラーが取り扱っている商品全てのデータも見ることができます。

 

セラーリサーチ方法は、一度に多くの儲かる商品を見つける事が可能になりますので、Amazon物販での大幅な業績アップが期待できます

あまログの利用料金

  • ブロンズ会員:4,980円
  • シルバー会員:9,980円
  • ゴールド会員:14,800円
以上3種類の月額会員制となっています。

それぞれの会員ランクで「商品登録数」「検索範囲」「データ取得精度」など違いがありますが、僕の経験上ではシルバー会員で十分と感じました。

あまログはAmazon転売向き

僕の経験上、ランキングが1,000位以下のような、大幅に売れている商品を検索する時は、よくエラーになり、データが表示されないというトラブルが起きていました。

あまりに売れているセラーの商品は、検索が追いつかないようです。
ですので、あまり需要規模の大きな商品をリサーチする場合には同様でエラーになってしまう可能性がありますので、Amazon転売であまログをリサーチ方法に使うのはやめておきましょう。

あまログを使ったリサーチ方法の詳細

私自身、中国から商品を仕入れてAmazon物販をしておりますので、今回は中国輸入をする前提で解説します。

 

中国輸入を行っているセラーのIDを取得しましょう。

セラーIDとは:Amazon出品者に付与されるAmazonでの出品者識別コードのこと

中国輸入で儲かる商品を見つけたいので、中国商品を販売しているセラーが第一条件となります。

 

中国輸入セラーを探す

 

  • 「中国製 ノーブランド」
  • 「中国 並行輸入品」

といったキーワードを使って、中国商品を取り扱ういわゆる中国輸入セラーを見つけます。

 

「新品&中古品」をクリックして、この商品のページを使って出品しているセラーを確認します。

 

プライムマークがついた出品者(FBAを利用している出品者)のみをピックアップします。

※あまログは、販売数のデータ測定を「FBA在庫の変動数」で算出している為。

セラーIDをコピー

 

セラーIDは、セラートップページURLの中に含まれています。

【seller=〇〇〇〇】 

seller=から始まる文字をコピーしてください。

 

 

セラーIDでリサーチ

 

「セラーからリサーチ」のプルダウンの「セラー登録」をクリック。

コピーしたセラーIDを貼り付けして登録します。

 

「セラー登録照会」をクリックして、先ほど登録したセラーを「検索」をします。

 

先ほど登録したセラーが取扱っている全商品の販売実績を見ていきます。

こうして、どの商品が何個売れたか、確認することができます。

販売実績グラフの見方

ASINをクリックすると、グラフが表示されます。

ここで注目してほしいポイントは、Amazon物販では「ランキング」と「在庫数」のグラフは一緒に上下するということ。

 

Amazon物販での「ランキング」と「在庫数」が一緒に上下しているポイントが何個あるのか基準として考えていただければ、より正確な月間販売数の数字を確認する良い方法になるでしょう。

検索キーワードの検索ボリュームを調べられる「アマテラス」

アマテラス

あまログと同様で各商品の、

  • 月商
  • 販売数
  • ランキング推移
  • 販売価格
  • セラー名
  • 出荷方法
  • 出品者数

などの基本情報もリサーチできますが、アマテラスでは検索キーワードの検索ボリュームを調べることが可能です。

さらに、キーワードごとのAmazonでの検索順位を一発で調べることもできるというおまけ付き。

 

 

めちゃくちゃ便利なので、

是非使ってみていただきたい!!!

 

 

Amazon物販で使えるAmazonサジェストでは、検索需要が多いキーワードを上位に並べ替えるだけしかできませんが、アマテラスでは具体的にどのくらい検索ボリュームがあるのかは調べることができるわけです。

痒い所にも手が届くのがアマテラスなのです。

アマテラスの利用料金

  • アドバンスプラン:9,800円
  • プロプラン:19,800円

以上2種類の月額会員制となっています。

それぞれの会員ランクで「キーワード検索順位追跡可能数」や「ASIN詳細分析可能数」「競合セラー追跡可能数」など違いはありますが、僕の経験上ではAmazon物販はアドバンスプランで十分です。

アマテラスはAmazon物販OEMに向いている

ランキングが30,000位以下の商品はリサーチできないので不便を感じます。

そもそも、ヒットするであろう商品を販売していくわけですから、30,000位以下のデータが見えないのはそこまで問題ではないのですが、相乗り転売をやる方にはあまり相性が良くないと感じます。

相乗り転売をするのであれば、あまログを使うリサーチ方法のほうがオススメです。

キーワード検索ボリュームのリサーチ方法

メニューの「売上アップ」から「キーワード検索順位追跡」をクリックし、「サジェストKW出力」をクリック。

 

アマテラスで「サジェストキーワード出力」でキーワードを検索をすると、検索キーワードの検索ボリュームが表示されます。

ゲージで表示されるのでわかりやすいですよね。

月間販売数のリサーチ方法

「リサーチ」項目の「検索」をクリック

 

「条件指定検索」をクリック。

 

ASINを検索窓に入力し、「検索」をクリック。

 

  • 週間販売数
  • 月間販売数
  • 予測月商
  • ランキング順位

などなどを、一度に確認することができます。

ただし、検索結果の数字よりも売れている場合がほとんどなので、もっと売れていると捉えて数字を見ていきましょう。

まとめ

Amazon物販のリサーチの方法を解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

リサーチをする商品は売れる商品であることが絶対条件です。

利益がどれだけ出そうな商品でも、実際に売れていく商品でなければ仕入れても意味がありません。

 

「利益よりも売れることが重要」この考えのもと、Amazon物販のリサーチをしていきましょう。

追伸

オリジナル商品販売で叶える「時間とお金」に縛られない生き方

僕は元々、Amazon相乗り転売をしていましたが、今は辞めて、プチOEM販売にビジネスモデルをシフトチェンジをしています。

毎月10分間の発注作業だけで、毎月40万円を安定して稼ぎ、東京都端っこでのんびり暮らしています。

 

そんなプチOEMのノウハウを、僕の今までの経験をもとに、1つの教科書にまとめました。

無料メルマガ講座で、プチOEMの教科書を無料プレゼントしています。

 

合わせて、30分無料コンサルティング申し込みも受け付けておりますので、ご希望の方は、お気軽に以下から登録、ご相談ください。

プチOEMの教科書を受け取る

30分無料コンサルティング申し込みフォーム

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です