安定して売れ続けるAmazon商品ページの作り方

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

こちらの記事では『Amazonでヒット商品にするための販売戦略論』に記載してある
「商品ページのブラッシュアップ」という項目の重要性をより深く解説していきます。

それでは早速内容に移っていきましょう!

商品ページのブラッシュアップ(改良)をする必要性

商品ページを改良していくことは、Amazon物販において重要な項目となります。

最初に設定した商品ページは、実測データに基づいて設定していないので仮の状態と言えます。

ヒット商品にしていくためには広告レポートを活用し、実測データに基づいた適正な商品ページの改良が必要となります。

商品ページを改良することに対しての良くある質問

商品ページを改良していくにあたって、一般的によく疑問に思われることがありますので、その項目について解説をしていきます。

既に売れてる商品なのに商品ページを修正する必要があるのか?

すでに売れていると「商品ページはこのままでいいや」と考えてしまいがちですが、売れているからこそ改良が必要です。

というのも、仮で設定した商品ページの状態で売れているのであれば、もっと煮詰めていけばもっとアクセス数が増えて売り上げが上がるかもしれません。

現状で満足せず、高みを目指して商品ページの改良を続けていくことが大切なのです。

また、しっかりとした商品ページを作り込むことで、ライバルの参入チャンスの隙を作らないという目的もあります。

せっかく売れている商品ページなのに修正したら売れなくなるのではないか?

商品ページを修正して売れなくなったらどうしよう」と商品ページを修正する際に誰しもが感じます。

ですが、修正してみて実際に確かめてみなければわかりません。

もし売り上げが下がったとしても元に戻せば良いだけですので、そこまでのリスクはありません。

元に戻せるように、元の文章等は、ワードやエクセル等にコピーしておくと良いでしょう。

商品画像の見直し

商品画像は、設定した後に改良点を発見することがよくあります。

例えば、1枚目の白抜き画像で考えてみましょう。

このように、「商品単体だけ」→「取り付けたイメージ」に変更するだけで売り上げが上昇するといったケースもよくあります。

特に白抜き画像は、顧客が一番最初に目にする画像です。
商品を検索したときに、

このように商品画像が並んでいたら、1枚だけ画像の雰囲気が違う3番目の自社商品に目が行き易くなります。
よって顧客が商品ページをクリックしてくれる確率が上がり、アクセス数が伸びて売り上げに繋がる場合もあります。

商品タイトルの見直し

商品タイトルの見直しは、以下の内容をチェックしましょう。

  • 誤字脱字のチェック
  • 購入につながらないキーワードを排除
  • 購入につながるキーワードを入れ込む

広告レポートを使って、実際に購入につながったキーワードや、検索ボリュームの多いキーワードをタイトルに入れたり、逆に、購入につながらないキーワードを除外したりと設定し直す部分は多くあります。

以下の商品を例に解説していきます。

広告レポートで、「ジョジョネクタイ」というキーワードが一番検索ボリュームがあって、
一番購入につながっているキーワードだとしましょう。

「ジョジョの奇妙な冒険」「ネクタイ」というキーワードはタイトルに入っていますが、「ジョジョネクタイ」というキーワードは設定されていません。

ということは、「ジョジョネクタイ」というキーワードをタイトルに設定すれば、アクセス数と購入率のアップが見込めるということになります。

商品説明文の見直

商品説明文の見直しは、商品タイトルの見直しとチェックする部分は似ています。
以下の内容をチェックする必要があります。

  • 誤字脱字のチェック
  • 購入につながらないキーワードを排除
  • 購入につながるキーワードを入れ込む
  • 商品の仕様解説の見直し

商品説明文も商品タイトルと同様に、関連性のある購入につながるキーワードを入れ込むことが重要ですので、無駄なキーワードの排除有益なキーワードの導入をして、SEO対策に努めましょう。

検索キーワード欄の見直し

検索キーワード欄も以上の商品タイトルの見直しとチェックする部分は似ています。

  • 購入につながらないキーワードを排除
  • 購入につながるキーワードを入れ込む
  • 半角スペースの区切りミスがないかチェック

アクセス数を増やしたいがあまり、関連性はあるけど購入につながらないキーワードを「もしかしたら売れるかもしれない」という理由で設定してしまいがちですが、購入につながらないキーワードは無駄にアクセス数を増やすだけで効果は薄いので、除外していくべきと言えましょう。

必要最低限の「関連性が高い+購入につながる」に当てはまるキーワードだけを残して設定するようにしましょう。

商品紹介コンテンツの見直し

商品紹介コンテンツも商品タイトルの見直しとチェックする部分は似ています。

  • 購入につながらないキーワードを排除
  • 購入につながるキーワードを入れ込む
  • 画像の改良
  • 誤字脱字のチェック

検索キーワード欄に設定していたキーワードを使っていた場合は、検索キーワード欄の改良に合わせて商品紹介コンテンツに使うキーワードも変更していきましょう。

商品紹介コンテンツだけキーワードがそのままだと、見栄えも悪いですし、AmazonからのSEO評価もよくありませんので、統一性を持たせて設定していくことが大切です。

最後に

商品ページのブラッシュアップをすることの重要性について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

特に、商品画像は売り上げに大きく関わる重要な部分ですので、より良い商品ページを目指して改良していくことが重要となります。

「商品タイトル」「商品説明文」「検索キーワード欄」「商品紹介コンテンツ」につきましても、SEO評価に関わる重要な部分となりますので、より完璧な商品ページを目指してブラッシュアップをしていきましょう!

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です