AmazonSEOに強い商品紹介コンテンツの作り方

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は輸入ビジネスの出品準備編という事で、
『SEOを意識した商品紹介コンテンツの作成方法』について解説していきます。

商品紹介コンテンツは、売れる商品ページにするにあたって設定は必須ですので、設定方法を学んでいきましょう!

それでは早速内容に移っていきます。

商品紹介コンテンツとは

商品紹介コンテンツとは、商品ページ真ん中あたりに表示される大口出品者が利用可能な、商品ページをより魅力的なページに作るための作成フォームのことです。

 

商品紹介コンテンツ機能を使用すると、商品説明に画像を追加したり、文字に装飾を加えて商品を説明したりすることができます。

商品紹介コンテンツを設定する狙いとしては、顧客により詳しく商品を理解してもらうのは勿論のこと、詳しく解説することで商品への信頼度を上げて成約率のアップに繋げるという狙いや、AmazonのSEOで有利に立たせる為に設定するという狙いもあります。

「在庫管理」→「商品紹介コンテンツの編集」で作成と編集をすることができます。

商品紹介コンテンツが与える印象

では、商品紹介コンテンツが有るのと無いのとでは、顧客からの印象はどう違うのか考えていきましょう。

商品紹介コンテンツの良い例

商品ページをスクロールしていった時に、このように商品について詳しく解説されており、購買意欲をそそる画像が設定されている商品ページは、第一印象がよく、商品に対して信用度が高まります。

また、SEOを考えた文章が設定されていますので、AmazonのSEO的にも評価されます。

商品紹介コンテンツの悪い例

一方、こちらの商品紹介コンテンツは、文章のみで、画像が一切使われていません。

画像が設定されていない時点で顧客を考えた商品ページとは言えませんし、入力されている文章もSEOを意識していない商品説明文をそのまま使っていると感じます。

このような商品紹介コンテンツでは顧客とAmazonに評価されません。

画像は顧客用に、文章はAmazonのSEO対策用に使用する

殆どの人は画像を見て購入判断すると言われています。
ご自分がAmazonで買い物をする時を想像してみてください。
きっと多くの方が画像を見て購入判断を下していると感じるはずです。

ですので、画像そのものに解説文を入れてしまい、顧客の画像で訴えるのが得策と言えます。

ただ、AmazonのSEOにも評価されなければいけませんので、文章入力欄にSEOを意識した文章も設定しなければいけません。

そこで、

  • 画像は顧客への商品解説用に使用する
  • 文章はAmazonのSEO対策用に使用する

といったように、それぞれ使い分けすることが重要となります。

商品紹介コンテンツの作り方

ここからは、商品紹介コンテンツの作り方を解説していきます。

参考になる商品ページを真似て画像と文章の配置をイメージする

先ほど解説したように、商品紹介コンテンツにも良い例と悪い例がありますので、良い例に当てはまる参考にしたい商品ページを見つけましょう。

参考にしたい商品ページを見つけたら、

このように、画像の配置と文章の配置をイメージしましょう。

商品紹介コンテンツにはいくつかのプラットフォームがある

商品紹介コンテンツには、いくつかのプラットフォームが存在し、その中から自分の配置イメージに合わせてプラットフォームを使い分けをしていきます。

プラットフォームを選ぶ

16種類のプラットフォームが存在します。
配置イメージに近いプラットフォームを使うのが良いでしょう。

上記の配置イメージに近いプラットフォームを選んでいきます。

プラットフォームに合わせた画像を作成する

プラットフォームによって画像サイズの指定がありますので、指定サイズに合う画像を用意しなければいけません。

以下のプラットフォームでは、「970×600」の横長「220×220」の正方形がベストということになります。

「指定された画像サイズ = 綺麗に表示させることができる画像サイズ」ということになりますので、ここで指定されているサイズは遵守した方が良いと言えます。

指定サイズと違くても、同じような縦長の画像であれば設定することはできますが、文字が小さくなりすぎてしまったり、画像の端が切れてしまったりと、顧客から見づらい画像になってしまいますので、サイズは合わせた方が良いでしょう。

商品画像の流用でも良い

商品画像の一部を切り取って適正サイズに変更するというやり方が一般的になります。

商品画像で解説しきれていない部分があるのであれば、新しく画像を作るのでも良いですが、商品の解説したいポイントというのは往々にしてそこまで多くありませんので、商品画像と内容が被っても問題ありません。

クラウドソーシングサイトで画像加工ができる外注を探す

自分で加工しても良い画像はできませんし、何より時間がもったいないです。

そこで、クラウドソーシングサイトを使って外注を雇いましょう。

外注募集方法はこちらの記事で解説していますので参照ください。

設定する画像と文章を合わせる

画像が出来上がったら、その画像に対して解説する文章を作りましょう。

設定する画像の部分を解説することは勿論ですが、顧客の検索に引っかかるようにAmazonのSEOも意識した説明文にしなければいけません。

SEOを意識して作成した商品説明文があるのであれば、参考にして、商品紹介コンテンツの文章を作成するのも良いでしょう。

商品紹介コンテンツの設定が不明な場合は、AmazonテクニカルサポートとAmazon出品大学を活用して、設定を進めていきましょう!

「AmazonテクニカルサポートとAmazon出品大学を活用方法」は、こちらの記事を参照ください。

最後に

SEOを意識した商品紹介コンテンツの作成方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

商品紹介コンテンツの造り込みが甘い商品ページは、検索順位が低いことが殆どです。

商品紹介コンテンツは、顧客からの印象とAmazonのSEOに大きく影響を与えますので、しっかりと作り込み、万全の商品ページに仕上げていきましょう!

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です