Amazonブランド登録の申請方法を徹底解説

こんにちは、元トヨタディーラー整備士のガイです。

 

Amazon ブランド登録は2018年に導入された仕組みですが、今ではすっかり浸透し、Amazonで物販をする上で欠かせないものになってきました。

 

しかし、中には、

Amazonブランド登録のやり方がわからない。

Amazonブランド登録の申請ってどうやるの?

Amazonブランド登録に必要なものって何?

Amazonブランド登録には費用がかかるの?

といった疑問を持たれる方も多く存在します。

 

そこで、この記事では、Amazonブランド登録の申請方法を初め、

  • Amazonブランド登録申請に必要な準備
  • Amazonブランド登録申請をすることのメリットとデメリット
  • Amazonブランド登録にかかる手間と費用
  • 0からAmazonブランド登録を最短で行う方法

を徹底解説します。

Contents

Amazonブランド登録とは?

Amazon物販の最大の特徴として「1商品につき1商品ページ」というルールがあります。

 

買う側からすれば、同じ商品なのに数多くの商品ページがあったらどれをみたらいいかわからないですよね。

そこでAmazonでは、Amazon内を探し回らなくても、スムーズに買いたい商品を探すことができるように、1商品につき1商品ページというルールが設けられているんです。

 

1つの商品ページを使って複数の出品者が同じ商品を出品することを「相乗り出品」といいます。

相乗り出品ができない完全オリジナル商品を販売したとしても、悪徳セラーは似ている商品というだけで相乗り販売をしてくることがよくあります。

同じ商品ページで相乗り出品されていれば、悪徳セラーから買った商品でも、商品評価は販売した商品ページにつけられてしまんです。

 

相乗り出品に関して詳しく知りたい方はこちらの記事で解説しています。

Amazon相乗りとは?

 

悪徳セラーが、低品質の商品を相乗り出品していた場合、自分が作った商品ページから買ってくれたお客さんにも迷惑をかけてしまいますし、商品ページを作って販売している事業者にも迷惑がかかります。

 

そこで、こうした悪質な出品を防ぐためにAmazonブランド登録が始まったのです。

Amazonブランド登録に関する規約

Amazonブランド登録に関して、Amazonが定める規約があります。

以下の引用文は、こちらのリンクから確認することができます

Amazonブランド登録は、Amazon上での自社ブランドの登録商標の保護をしやすくするとともに、購入者に対して正確性と信頼性の高いお買い物体験を提供する支援をします。現時点では、ブランド登録を行うにはブランドが商標登録されている必要があります。 Amazon

Amazonブランド登録のメリット

Amazonブランド登録をすることで得られるメリットは数多く存在します。

商品カタログの編集権限を保護できる

冒頭で紹介した相乗り出品をされた場合は、商品ページ作成者でなくても誰でも商品情報を変更することができてしまいます。

なので、悪質なセラーに相乗り出品をされた場合、勝手に商品のタイトルや画像などを変更されたりする可能性があります。

 

しかし、Amazonブランド登録をすれば、ブランド登録をした出品者にのみ商品ページの編集権限が付与されるので、リスクを回避することができるようになります。

JANコード不要で出品できる

通常であればJANコードを取得し、作成する商品ページにJANコードを付与しなければ商品ページを作成することができません。

従って、JANコードが無い場合は商品を出品することはできないようになっています。

 

しかし、Amazonブランド登録をして、JANコード免除申請を済ませれば、JANコードの取得無しで商品を登録することができます。

JANコード免除申請のやり方はこちらの記事で解説しています。

AmazonでのJANコード(製品コード)免除申請のやり方

偽物、相乗り転売対策になる

冒頭でも紹介した相乗り出品をされた場合、1つの商品ページに出品者が多くいればいるほど価格競争に陥ります。

 

Amazonでは、最安値で出品している出品者を優遇してカート獲得出品者にする傾向が強いので、基本的にどの出品者も最安値に設定します。

そうすることで価格競争が起こり、いずれ利益が出ないか価格帯まで値段を下げられてしまうんです。

 

カート獲得について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

Amazonのカート獲得とは?

 

しかし、Amazonブランド登録をすれば、自社ブランド名で出品している相乗り出品者を排除することができるようになります。

実際の申請は手間がかかりますが、せっかく作り上げた商品ページを台無しにされるよりは遥かにマシです。

 

また、自社のブランド名で出品している商品の一覧を瞬時に確認することもできるので、自分のどの商品が、どの出品者に相乗りされているのかも一瞬で分かりますので、偽物販売、相乗り転売防止対策にもなります。

スポンサーブランド広告が使える

Amazonブランド登録をすれば、スポンサープロダクト広告の他にスポンサーブランド広告も使えるようになります。

Amazonで商品を検索した時の一番上に出てくる広告枠が、スポンサーブランド広告枠です。

Amazon ブランド 登録

 

「広告キャンペーンマネージャー」⇨「新しいキャンペーンを作成」⇨「スポンサーブランド広告」を選択すれば、設定を行うことができます。

Amazon ブランド 登録

スポンサーディスプレイ広告も使える

スポンサーブランド広告に続き、スポンサーディスプレイ広告も使えるようになります。

Amazonブランド登録をすれば、Amazonで使える広告の

  • スポンサープロダクト広告
  • スポンサーブランド広告
  • スポンサーディスプレイ広告

の3つを全て使えるようになりますので、より多くのお客さんに商品をアピールをすることができるようになります。

 

商品ページの中断に出てくる広告枠が、スポンサーディスプレイ広告です。

Amazon ブランド 登録

 

「広告キャンペーンマネージャー」⇨「新しいキャンペーンを作成」⇨「スポンサーブランド広告」を選択すれば、設定を行うことができます。

Amazon ブランド 登録

Amazonブランド分析が使える

Amazonブランド分析は、上位3ASINのキーワードごとのクリック率などが確認できる分析ツールで、どのようなキーワードで買われているかを確認することができる重宝する機能です。

 

Amazonブランド登録が完了すると、セラーセントラルメニューの一番右に「ブランド」という項目が追加されます。

「ブランド」→「ブランド分析」をクリックすれば、分析管理画面に移動することができます。

Amazon ブランド 登録

 

分析管理画面では、期間を設定して

  • 検索用語ごとに検索頻度ランキング
  • 1位〜3位までのクリック数のASIN
  • 1位〜3位までの商品名
  • 1位〜3位までのクリック数の割合
  • 1位〜3位までのクリック数のコンバージョン率

などなど、詳しくデータみて分析する事ができます。

Amazon ブランド 登録

SEO順位に有利になる

Amazonブランド登録をしている出品者は、2022年の今でもまだまだ少ないというのが現状です。

多くの出品者は、Amazonブランド登録をするにはブランド名を作成したり、商標を取得したりしなければいけない為、障壁が高くてなかなか踏み切れないようですね。

 

Amazonで商品を出品している出品者なら、誰もが使えるスポンサープロダクト広告は、競合が多く、クリック単価が400円を超えるキーワードもザラにあります。

どんな商材でも、流石にそこまでの高単価で広告出稿はできないですよね。

 

Amazonブランド登録をすれば使えるようになる、

  • スポンサーブランド広告
  • スポンサーディスプレイ広告

なら、競合がまだ少ないので低単価で上位表示させることも可能ですし、何より、ブランド登録していない出品者よりも、アクセスを集めるために使える広告の種類が多くなるため販売機会にも恵まれます。

広告経由でも、売れれば販売実績になりSEO順位は上がりますので、SEO順位にも有利になります。

Amazonブランド登録のデメリット

メリットが多いAmazonブランド登録ですが、ごくわずかにデメリットもあります。

ブランド登録までに手間と費用と時間がかかる

すでに商標登録が済んでいる方は、すぐにでもAmazonブランド登録をすることができます。

 

しかし、多くは商標登録をまだされていない方がほとんどです。

この場合、思い立って今日明日ですぐにAmazonブランド登録をすることができないのがデメリットといえましょう。

というのも、ブランド名を考える時間も必要ですし、商標を取得する時間も必要です。

 

商標取得を自分で行う場合は、数々の書類などを準備する必要がありますので、とてつもない手間がかかります。

費用と時間も当然かかりますので、実際にAmazonブランド登録ができるまでには大きな労力と費用、そして時間が必要になってしまいます。

アカウント停止になると編集できない

冒頭でも触れましたが、Amazonブランド登録をすれば、商品カタログの編集権限は自分のみになります。

従って、たとえAmazonでもカタログの編集はできなくなってしまうんです。

 

アカウント停止になるようなトラブルを起こさなければ問題は全くありませんが、万が一アカウント停止になってしまったときは、ブランド登録をした商品のカタログは編集できなくなるということを覚えておきましょう。

Amazonブランド登録に必要な準備

Amazonブランド登録をするには、あらかじめ準備をしておかなければいけません。

揃える書類や準備もありますので、計画を立てて、早めに動いていく必要があります。

ブランド名を作成

ブランド名に関しては、正直なんでもOKです。

「なんでもOK」というと多少語弊がありますが、常識に逸脱しない名前であれば基本的に何でも大丈夫です。

外注さんを雇ってブランド名を決めてもらうとお金がかかりますので、ご自身で決めることをおすすめします。

 

ブランド名を決める上で最も重要なのは、決めたブランド名で商標審査が通るかどうかです。

 

すでに多くの名前が商標登録をされていますので、パッと思いついたブランド名のほとんどが却下される可能性があります。

僕自身そうでした。

 

ですので、最低でも候補を3つほど用意してから商標の審査を依頼しましょう。

商標登録

ブランド名が決まったら、弁理士に依頼して商標登録をしていきます。

自分で書類を揃えたり手続きをしたらとんでもない労力と時間がかかりますので、弁理士に依頼しましょう。

 

僕の経験上、toreruがオススメです。

 

toreruでは、無料で商標審査を行ってくれるので審査でお金がかかることはありませんし、弁理士が代わって商標登録完了まで行ってくれますので、時間と労力の大きな削減になります。

商標登録にかかる時間と費用

Amazonブランド登録の申請は無料でできます。費用は一切かかりません。

費用がかかるのは、商標登録です。

 

 

通常、ご自身で商標登録の申請をされる場合の費用は、特許庁費用として合計40、000円ほどかかります。

内訳)

出願時に必要な費用 12,000円(印紙代)

登録時に必要な費用 28,200円(印紙代)

※2022年4月1日から32,900円に値上げ。

商標登録完了までの期間は、半年〜1年程度。

 

 

弁理士に依頼する場合は、特許庁費用として合計40、000円 + 弁理士報酬50,000円〜100,000円が必要になります。

内訳)

出願時に必要な費用 12,000円(印紙代)

登録時に必要な費用 28,200円(印紙代)

※2022年4月1日から32,900円に値上げ。

弁理士報酬:50,000円〜100,000円

商標登録完了までの期間は、半年〜1年程度。

 

いずれにしても、半年〜1年程度は時間がかかります。

 

toreruでは、商標登録の申請をする商品区分にもよりますが、一番安い区分だと弁理士報酬込みで50,760円で依頼できるのでオススメです。

商標登録で一番時間がかかるのは、商標登録申請をした後の「特許庁での審査」なので、ご自身で商標登録の申請をしても、弁理士に依頼しても、期間はほとんど変わりません。

Amazon ブランド 登録

 

 

 

もっと早く商標登録してほしい!と感じる方は、オプションで早期審査(22,000円)を依頼すれば、期間が2〜3ヶ月に大幅に縮まります。

僕は、いつも早期審査でお願いしているので、2〜3ヶ月で商標登録が完了しています。

Amazon ブランド 登録

 

toreruで早期審査で依頼した場合、区分にもよりますが、大体70,000〜80,000円に収まります。

費用を抑えたくなる気持ちもわかりますが、ご自身で商標登録申請をすると、とてつもない時間と労力がかかるのでお勧めしません。

※図形での商標登録ではブランド登録できないので要注意!!!

図形での商標登録では、Amazonブランド登録をすることはできません。

必ず、文字を含んだ商標で商標登録をしましょう。

 

こちらのAmazonブランド登録の資格要件にも記載されていますので、確認しましょう。

Amazonブランド登録の資格要件

ロゴ印字された商品が4点以上(今は不要)

Amazonブランド登録には、Amazonブランド登録に申請するブランド名又はロゴが印字された商品の写真が4枚以上必要です。

 

ロゴをテープやシール化して貼り付けても無効になります。

あくまでもブランド名かロゴが印字されている商品の写真が必要になります。

※2022年3月現在は不要です。

ロゴ印字された商品パッケージ

上記の項目と同様に、ブランド名又はロゴが印字された商品パッケージも必要です。

 

ここでいう「ブランド名又はロゴが印字された商品パッケージ」とは、GUやユニクロのように袋に、しっかりロゴが印字されている商品パッケージを指します。

上記の項目と同様に、テープで貼り付けたりシール化して貼り付けても無効になりますので注意しましょう。

 

Amazonへの提出用に、最低2枚以上の商品パッケージを準備しておきましょう。

※2022年3月現在は不要です。

ブランド商品が掲載されているサイトと、そのサイトドメインのメールアドレス

Amazonブランド登録をするためには、実際に販売している自社の商品サイトが必要になります。

楽天市場や、ヤフーショッピング、BASEなどの自社ページではなく、独自ドメインで作成したサイトが必要です。

 

サイトを作った経験がない方は、正直難しくてよくわからないと思います。

その際は、ランサーズやクラウドワークスで、サイトを作れる方を雇って作成してもらいましょう。

 

また、サイトドメインに関連したメールアドレスで本人確認が行われますので、メールアドレスも用意しておきます。

※2022年3月現在は不要です。

Amazonブランド登録申請方法

Amazonブランド登録を行うには、まずAmazon brand registryのアカウント作成を作成する必要があります。

こちらからAmazon brand registryアカウントを作成しましょう。

 

Amazon brand registryのアカウント作成

「開始する」をクリックします。

Amazon ブランド 登録

 

画面を一番下までスクロールして「今すぐ登録」をクリックします。

Amazon ブランド 登録

 

「日本」を選択します。

Amazon ブランド 登録

 

ログインをして、Amazonブランド登録申請を進めましょう。

Amazon ブランド 登録

 

赤枠の各入力項目を記入して、「アカウント作成」をクリックします。

  • 氏名(商標登録に掲載している名前)
  • 番地
  • 会社住所(市区町村)
  • 会社住所(都道府県)
  • 国/地域
  • 郵便番号
  • あなたの役職名(個人事業主の場合は「代表」)
  • 会社・法人名(個人事業主の場合は「屋号」)

氏名は、商標登録に掲載されている名前を記入します。

ここの氏名が、商標登録に掲載されている名前と一致しない場合は、Amazonブランド登録が認められませんので注意しましょう。

Amazon ブランド 登録

 

記入した情報で認証ができた場合は、緑字で「確認が正常に完了しました」という表示が出るので、「アカウントの作成」をクリックします。

Amazon ブランド 登録

商品ブランド登録申請を行う

Amazon brand registryのアカウント作成が完了したら、Amazonブランド登録が行えるようになります。

 

「新しいブランドを登録」をクリックします。

Amazon ブランド 登録

 

「ブランドの登録」をクリックします。

Amazon ブランド 登録

 

ブランド情報を入力していきます。

  • 申請するブランド名
  • 登録商標機関
  • 登録番号/シリアル番号
  • ロゴ印字がされている部分の商品画像

を入力します。

商品情報に関しては「任意」なので、空欄で構いません。

Amazon ブランド 登録

 

全て入力と、画像のアップロードが終わったら、「次へ」をクリックします。

Amazon ブランド 登録

 

ブランド情報の記入が終わったら、次は出品用アカウント情報を入力します。

  • 登録するブランドの出品者又はベンダーですか?
    →基本的に「出品者」でOK
  • Amazonブランド登録申請をする商品のカテゴリー
  • Amazonブランド登録申請をする商品のASINを入力

入力が終わったら「次へ」をクリックしましょう。

Amazon ブランド 登録

 

出品用アカウント情報の記入が終わったら、流通とライセンス情報を記入します。

  • 流通情報
  • ライセンス情報

貴社のブランドの商品はどこで販売されていますか?に関しては、任意なので空欄で構いません。

 

記入が完了したら、「送信」をクリックします。

Amazon ブランド 登録

 

「送信」をクリックすると、ブランド登録申請が送信されます。

この画面に切り替わったら、審査中に入ります。

 

審査結果や進捗を確認したい方は、「申請の管理」をクリックしましょう。

Amazon ブランド 登録

 

画面右側の「ステータス」を見れば、現在の進捗状況がわかります。

審査が終わって無事に承認されれば「承認済み」に変わります。

Amazon ブランド 登録

Amazonブランド登録申請後の流れ

Amazonブランド登録申請が完了すると、Amazonから申請受領メールが届きます。

ご担当者様

Amazonブランド登録サポートよりご連絡いたします。

申請ブランド名:*****

ただいまAmazonブランド登録の担当部署において、申請を確認しております。

調査が完了次第、申請者様にご連絡させていただきます。恐れ入りますが、今しばらくお待ちください。

今後ともAmazonをよろしくお願いいたします。

Amazon ブランド登録サポート
*****

brand-registry-support@amazon.co.jp

 

 

さらにその1週間後に、身元の確認メールが届きます。

担当者様

ご申請いただきました下記ブランドについてご案内いたします。

ケースID:*****
ブランド名:*****

商標が登録されている機関のウェブサイトに記載されている商標担当の連絡先に、ご申請者様の申請の確認コードを通知いたしました。
お手数ですが、以下の商標担当の連絡先へご連絡いただき、確認コードの入手をお願いいたします。

確認コードにより、Amazonブランド登録へのの登録が承認されたことを確認いたします。

商標担当者のEメールアドレス:**************************

返信には確認コードおよび本申請のケースIDを記載のうえ、30日以内にケース履歴内のこのケースにご返信くださいますようお願いいたします。
ご連絡いただき次第、ブランド登録の承認を確認するEメールを送信させていただきます。

この他ご不明な点がありましたら、以下のページより新規ケースにてお問合せください。
https://brandregistry.amazon.co.jp/cu/contact-us

今後ともAmazonをよろしくお願いいたします。

Amazon ブランド登録サポート
*****

brand-registry-support@amazon.co.jp
上記の届いたメールへ、「確認コード」と「ケースID」を返信しますと、12時間以内に以下のメールが届きます。
以下のメールが届いたら、Amazonブランド登録申請が無事完了です。

*****,

審査が完了し、 *****のブランド登録申請が承認されましたのでお知らせいたします。 Amazonブランド登録へようこそ!

出品者様のブランドは、Amazonブランド登録のさまざまなツールにアクセスできるようになりました。これらのツールは、知的所有権を侵害しようとする出品からAmazonにおける貴社のブランド保護をサポートするものです。Amazonブランド登録で利用可能なツールの一部をご紹介します。

権利侵害の申告: 権利侵害が疑われる場合は、権利侵害の申告についてのヘルプページ
******

他のマーケットプレイスへのアクセス権の追加: 1つの国のAmazonブランド登録に登録されている場合は、以下の手順に従って、他の国で新しいユーザーアカウントを追加して、現地のマーケットプレイスの出品を管理し、ブランド登録の専門スタッフによる現地言語での支援を受けることができます。

1. ブランド登録ページ (https://brandservices.amazon.co.jp/)で、右上にある国旗をクリックして、新しいユーザーアカウントを追加する国を選択します。
2. 別のEメールアドレスを使用して、選択した国の新しいブランド登録アカウントを作成します。
3. 既存の承認済みブランド登録アカウントにサインインして、お問い合わせ(https://brandregistry.amazon.co.jp/cu/contact-us)にアクセスします。
4. 「ブランド情報の更新」を選択して、「ユーザーアカウントの役割の更新、またはアカウントへ新規ユーザーを追加する」をクリックします。
5. 作成した新しいアカウントのEメールアドレスを使用してフォームに必要事項入力した後、「送信」ボタンをクリックします。
6. 新しいユーザーアカウントが追加されると、ブランド登録チームより確認のEメールが送信されます。

ブランド登録アカウントの管理:

1. ダッシュボードの左側にあるウィジェットに、登録されているブランドが一覧表示されます。このウィジェットから新しいブランドを登録することもできます。

2. ケース履歴には、送信済みのブランド登録サポートケースの詳細が含まれています。

3. 送信履歴には、権利侵害の報告の履歴と、そののステータスが含まれています。

ブランド登録サポート: ご不明な点がありましたら、お問い合わせ(https://brandregistry.amazon.co.jp/cu/contact-us)まで連絡ください。サポート内容の詳細については、ヘルプページ(https://brandregistry.amazon.co.jp/gp/help/help.html)をご覧ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

Amazonブランド登録
注:1~2時間以内に、ブランド登録アカウントからこれらのすべての機能をお使いいただけるようになります。Amazonブランド登録を申請いただいていない場合は、すぐにbrand-registry-service@amazon.comまでご連絡ください。ご不明な点がありましたら、ケース履歴にてご返信ください。

brand-registry-support@amazon.co.jp

 

Amazon brand registryにも、登録済みブランドとして「1」と表示されるようになります。

Amazon ブランド 登録

Amazonブランド登録申請が失敗した場合

Amazonブランド登録申請に失敗した場合は、失敗した理由が記載された下記のようなメールが届きます。

失敗の理由を改善して再度申請をしましょう。

ご担当者様

Amazonブランド登録に申請いただき、ありがとうございます。

ブランド名:*****

上記ブランドについて、残念ながら今回は以下の理由から申請の承認を見送らせていただくことになりました。

Amazonの担当部署では、一般に公開されている情報と社内リソースの両方を使用して、登録商標の連絡先情報を確認しております。
今回は、Amazonの要件を満たす連絡先情報を見つけることができませんでした。

Amazonブランド登録へのご登録を保証することはできかねますが、登録申請時には以下をご確認いただくようお願いしております。

1.法人情報のすべての登録先で法人情報全般に矛盾がなく、最新の状態に保たれている。
2.ブランドに関連した弁護士または代理人がいる場合、登録商標ウェブサイトに登録商標情報とともに法人情報が掲載されている。
3.登録商標に関連したEメールアドレスがある場合、Eメールアドレスが有効である。

注: これは、登録商標に関連したEメールアドレスの表示が必要であることを意味するものではありません。
Amazonは、商標権所有者の連絡先情報を表示していない商標登録機関があることを認識しています。

上記の情報に誤りがなく最新の状態であることをご確認のうえ、Amazonブランド登録への再申請をお願いいたします。

Amazonブランド登録申請手続きについて詳しくは、以下のページをご確認ください。

https://brandservices.amazon.co.jp/

brand-registry-support@amazon.co.jp

Amazonブランド登録を最短で行う方法

Amazonブランド登録が完了するまでには、半年〜1年程度時間がかかってしまう。

商標登録申請後の特許庁の審査期間が一番時間がかかる。

ということを、ここまででお伝えしてきました。

 

正直、いくらなんでも半年〜1年なんて待てないよ。。。

という方がほとんどだと思います。

 

そこで、Amazonブランド登録を最短最速で行う方法をお伝えします。

2〜3ヶ月でAmazonブランド登録ができる方法

早期審査で商標登録申請を行えば、最短で2〜3ヶ月でAmazonブランド登録が可能です。

すでに商標登録が済んでいる方であればすぐにAmazonブランド登録ができますが、商標登録がまだの方は最短でも2〜3ヶ月はかかります。

 

先ほどもお伝えしましたが、お金と時間がかかる商標登録に関しては、ご自身でやらずに弁理士に依頼しましょう。

ご自身で行って膨大な時間と労力を使うよりも、弁理士報酬を支払って弁理士に依頼したほうが効率がいいです。

 

toreruを使えば、弁理士報酬込みで50,760円+早期審査費用22,000円=合計72,760円で依頼できます。

 

商標登録が完了したら、速攻でAmazonブランド登録申請を行い、最短でAmazonブランド登録の申請を済ませましょう。

まとめ

Amazonブランド登録をすることで、数多くのメリットを受け取ることができます。

Amazonブランド登録の申請そのものは簡単ですし、無料でできますし、すぐに終わりますので、すでに商標登録が済んでいる方はすぐにでもAmazonブランド登録申請を行いましょう。

 

商標登録がまだの方は、いかに時間をかけずに行うかが重要です。

最も時間とお金がかかるのが商標登録であり、その商標登録の中でも、最も時間がかかるのが商標登録申請をした後の「特許庁での審査」と言われています。

 

早期審査で商標登録申請をしないと、とてつもない時間がかかってしまいますので、必ず商標登録申請をする際は早期審査で行いましょう!

ほぼ放置でも毎月40万円を稼げる「オリジナル商品販売の7ステップ教材」を無料プレゼント中!

オリジナル商品販売で叶える「時間とお金」に縛られない生き方

僕は元々、Amazon相乗り転売をしていましたが、今は辞めて、プチOEM販売にビジネスモデルをシフトチェンジをしています。

毎月10分間の発注作業だけで、毎月40万円を安定して稼ぎ、東京都端っこでのんびり暮らしています。

 

そんなプチOEMのノウハウを、僕の今までの経験をもとに、1つの教科書にまとめました。

無料メルマガ講座で、プチOEMの教科書を無料プレゼントしています。

 

合わせて、30分無料コンサルティング申し込みも受け付けておりますので、ご希望の方は、お気軽に以下から登録、ご相談ください。

プチOEMの教科書を受け取る

30分無料コンサルティング申し込みフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です