相乗り転売された時の対処方法

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は輸入ビジネスの利益の独占編という事で、
『自社商品ページに相乗りされた場合の対処方法』について解説していきます。

新規出品で商品を販売していくにあたり、相乗り販売防止対策を行っていても相乗りをされることがあります。
そういった場合の対処法をお伝えします。

それでは早速内容に移っていきます!

相手セラーに規約違反を忠告する

相乗りされてしまったらまず最初に、相手セラーに直接、出品取り消し依頼を送りましょう。
以下で手順を解説していきます。

相手セラーにメールを送信する方法

以下の画像の赤枠部分をクリックします。

相手セラーにメールを送信する方法

相乗りをしているセラー名をクリックしましょう。

相手セラーにメールを送信する方法

セラーのショップページの右側の「質問する」をクリックします。

相手セラーにメールを送信する方法

「取り扱い商品について」にチェック
「登録情報」に設定
「メッセージを入力」をクリック

相手セラーにメールを送信する方法

メッセージ内容を入力し、「Eメールを送信」をクリックすれば、相手セラーに忠告文を送信することができます。

相手セラーにメールを送信する方法

規約違反忠告文のテンプレ

※ 出品取り下げ願い ※

貴社は、【店舗名】が有する下記登録商標

【商標申請した名前】商標権第〇〇〇〇商標を用いて、その指定商品に該当する

【商品名】【AISN】

を販売しております。
これは、当社の商標権侵害にあたりますので、

至急相乗り出品の取り下げをお願いいたします。

なお、本通知をお送りいたしました後、

48時間以内に出品取り下げを確認できない場合は、

Amazon brand registry 並びに法的機関への然るべき対応を取らせていただきます。

ご確認の上、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。

【店舗名】

連絡がない場合、「商標侵害」「規約違反」をAmazonに報告する

知的財産権の侵害を申告

もし忠告したにもかかわらず出品を取り下げない場合は、容赦無くAmazonへ報告しましょう。
こちらのURLから知的財産権の侵害を申告をすることができます。
商標を取得していたり、Amazonからブランド認定をされている場合は、Amazonが側が相手セラーを直接排除してくれます。

商標もAmazonブランド認定もされていない場合は、相手が出品を取り下げてくれるように説得するしかありませんので、早めに商標を取得しておくことをオススメします。

最後に

自社商品ページに相乗りされた場合の対処方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

僕の経験上、上記で解説した忠告文を送信すれば9割のセラーは出品を取り下げてくれると感じています。

すぐに知的財産権の侵害を申告してもいいですが手間がかかりますので、まずは相手セラーが自主的に出品を取り下げるように忠告文を送りましょう。

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です