Amazonで売れる商品にし続けるためにやるべきこと

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

こちらの記事では『Amazonでヒット商品にするための販売戦略論』に記載してある
「定期的に商品ページをブラッシュアップする」という項目の「サービス内容の変更」という部分について解説していきます。

それでは早速内容に移っていきましょう!

商品のサービス内容の変更をすることの重要性

change

新規参入をする場合、ライバルの弱点を突いてライバルから需要を奪うわけですが、ライバルも需要を奪われて指を加えてみているほど大人しくはありません。
確実に何らかの対策を施し、需要回復を狙ってくるでしょう。

そこで、ライバルが弱点を克服してきたらライバルとの優位性が薄くなり、需要を奪われるかもしれません。
特に、商品ページの作り込みはすぐに改善可能ですので、即弱点を克服して勝負を仕掛けてくる可能性があります。

ですので、ライバルと同一商品を扱っている場合は、より一層商品のサービス内容の変更が必要なのです。

サービス内容をさらに充実させることができれば、ライバルと差別化ができて優位性が上がり、顧客は自社の商品を購入してくれるようになります。

ライバルとの差別化を図ることの重要性

商品ページの作り込みの甘さの弱点を理由に新規参入した場合、商品ページの作り込みの違いで優位性を保っているわけですので、商品自体は同じなわけです。

極論、ライバルと同じ商品ですので差別化は薄いと言えましょう。

ですので、ライバルとサービスの内容を変えてしまうのです。
サービス内容を変えてしまえば、ライバルと天秤にかけられなくなりますので、ライバル販売価格を気にすることなく販売していくことができるようになります。

常に競争優位性を保つことの重要性

新規参入した直後は、ライバルの何らかの弱点をついて参入しているわけですので、ライバルよりも競争優位性が高い状態と言えましょう。

しかし、ライバルがその弱点を克服してしまった場合、ライバルとの差がなくなってしまい、競争優位性を失ってしまいます。

競争優位性を失った場合、販売価格の優位性で勝負するしかなくなりますので、値下げ合戦に陥り価格崩壊を招くこととなります。

そうならないためにも、常にライバルよりも競争優位性を保つことが重要です。

サービス内容の変更は、相乗り防止対策にもなる

いわば、商品ページを自社で作って、中国で販売されている商品をそのまま仕入れて販売しているわけですので、相乗り販売のターゲットにされやすい状態と言えます。

相乗り販売のターゲットとされてしまうと、一瞬で価格崩壊が起き、せっかく育ててきた商品ページを台無しにされてしまいます。

しかし、サービス内容を変更してしまえば、参入障壁が高くなり、相乗りされる確率がとても低くなります。

サービス内容によっては、完全に相乗り販売の防止をすることもできますので、相乗り防止対策としても効果的と言えましょう。

効果的なサービス内容の変更例

サービス内容の変更とはいっても、どう変更したらいいかわからないと思いますので、実際にどのようなサービス内容の変更が好ましいのか解説していきます。

既存商品+〇〇という考え方

元々販売していた商品を既存商品とし、その商品にプラスして他の商品をセットにして販売していくという考え方です。

こうすることにより、原価を安く抑えることができ、利益の圧迫も最小限に抑えることができます。

オリジナルの日本語説明書をつける

中国商品では殆どの場合、説明書がついていません。
もし説明書がついていても中国語か英語の説明書ですので、説明書としての役割を果たしませんし、中国語の説明書は日本の顧客にはマイナスのイメージをもたらします。

ですので、自社でオリジナルの日本語説明書を作り、商品と一緒に梱包し販売していけば、ライバルと差別化ができるという訳です。

商品説明書の作成方法は簡単で、説明書に入力する文章の内容やデザインイメージを用意し、クラウドソーシングサイトで外注をしましょう。
データが完成したら中国の業者に依頼すれば、安く簡単に作成できますのでオススメです。

説明書の作成サービスを行っている代行業者も多く存在しますので、輸入代行業者に相談してみるのも良いでしょう。

既存商品に関連するおまけをつける

商品画像1枚目

このように、既存商品と関連する「おまけ」を付けて販売することで、ライバルと差別化をすることができます。

おまけをつけるにあたって大切なのは、「役に立つおまけである」ということです。

例えば、上記の商品は、以下画像の赤枠部分に取り付ける商品になります。
商品画像の使用例

商品を取り付けるにあたり、結束バンドが必要となりますので、商品と一緒にセットで販売しているというわけです。

結束バンドは、数十個入りの製品でも数元で用意できますので、セット組みにする商品としては最適と言えましょう。

 

Amazon物販でよく、既存商品と関連性のないおまけを付けて販売しているセラーを見かけますが、そういったおまけは逆効果です。

受け取った顧客に、「これ何に使うの?」と思われたら意味がありませんので、よく考えてセット梱包するおまけを選びましょう。

商品ページの仕様変更

サービス内容の変更が決まったら、商品ページの仕様も合わせて行きましょう。

せっかく手間をかけてサービス内容を変更したのに、商品ページがそのままではライバルと差別化できませんので、顧客が一目でわかるように商品ページを変更することが大切です。

商品画像1枚目を変更

商品画像1枚目の白抜き画像は、顧客が商品ページをクリックするかどうか判断する重要な部分となりますので、商品画像1枚目で「当店から購入した方がお得です」ということをアピールしなければいけません。

元の商品画像  改良した商品画像

このように、セット組みする商品の画像を追加し、顧客が一目でわかるような画像を作りましょう。

商品タイトルを変更

商品タイトルの例

このように、商品タイトルの語尾にセット内容の解説を入れることが大切です。

商品タイトルに入れることでSEO対策にもなりますので、必ず設定しておきましょう。

商品説明文を変更

商品説明文の例

全部で5行ある商品説明文の5行目に、以上のような解説文を設定しましょう。

商品タイトルに設定するのであれば、商品説明文にも設定した方が、統一感が出て信頼性が増します。

商品紹介コンテンツを変更

商品紹介コンテンツ欄にセット内容の解説をしている場合は、必ず新しくセット組みする内容を付け足しておきましょう。

上記でも解説しましたが、統一感が大切ですので、顧客に「タイトルには書いてあるのに説明文には記載されていない。どっち?」と思われないように、商品ページは統一感を出して設定していきましょう。

最後に

サービス内容をブラッシュアップすることの重要性について解説していましたが、いかがでしたでしょうか?

ライバルと差別化することは、物販ビジネスを行う上での永遠の課題になります。

ライバルと同じ土俵で戦うことに何のメリットもありませんので、自社から購入してもらう事で顧客が得られるメリットを強調し、ライバルと差別化を図りながら物販ビジネスを行っていきましょう!

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です