中国輸入に最適なメールアドレスとは?

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は、輸入ビジネスの環境構築編ということで、
「中国輸入ビジネスに最適なフリーメールアドレス」について解説していきます。

中国輸入ビジネスをするにあたって、連絡手段としてメールを使うことは必須になりますので、理解を深めてきましょう!

それでは早速内容に移っていきます。

フリーメールでOK

結論から言いますと、フリーメールアドレスで大丈夫です。

僕自身、未だにフリーメールアドレスで業者とやりとりしていますし、連絡さえ取れれば問題ないです。

中国輸入ビジネスにおいては、「独自ドメインメールアドレスでなくても十分交渉できますし、フリーメールでもビジネスには支障がない」というのが経験に基づいた結果ですので、フリーメールを使って中国輸入ビジネスをしていきましょう。

オススメのフリーメール

とはいったものの、フリーメールアドレスにもたくさん種類がありますよね。

「どれを使えばいいの?」

と考えられる方がいらっしゃると思います。

そこで、「このフリーメールアドレスを持ってれば間違いない」というメールアドレスをご紹介します。

yahooメールアドレス

Yahooメールを使用する際には、Yahooアカウントが必要になります。

Yahooメールの取得方法は、こちらの記事で解説しています。

※現在作成中

gmailアドレス

Gmailメールを使用する際には、googleアカウントが必要になります。

Gmailメールの取得方法は、こちらの記事で解説しています。

※現在作成中

フリーメールでの注意点

icloudは使わない方がいい

icloudは、送信エラー、受信エエラーが起こるケースがとても多いです。

業者との連絡が途絶える可能性がありますので、icloudのメールだけは避けてください。

プライベート用とビジネス用は完全に分ける

ビジネスの重要な取引先業者とのメールがプライベートメールと混じってしまい、とても見辛くなるので、新しいメールアドレスを作成しましょう。

例えば、「輸入代行業者からのメールはyahooメール」「Amazonからのメールはgmail」といった具合で、上手にメールアドレスを使い分けて、わかりやすく管理していくと、スムーズにビジネスができます。

まとめ

輸入ビジネスでオススメのメールアドレスについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

中国輸入ビジネスにおいて、独自ドメインのメールアドレスは必要ありません。

 

フリーメールで構いませんので、ビジネス用のメールアドレスを必ず複数取得しておきましょう。

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

追伸

オリジナル商品販売で叶える「時間とお金」に縛られない生き方

僕は元々、Amazon相乗り転売をしていましたが、今は辞めて、プチOEM販売にビジネスモデルをシフトチェンジをしています。

毎月10分間の発注作業だけで、毎月40万円を安定して稼ぎ、東京都端っこでのんびり暮らしています。

 

そんなプチOEMのノウハウを、僕の今までの経験をもとに、1つの教科書にまとめました。

無料メルマガ講座で、プチOEMの教科書を無料プレゼントしています。

 

合わせて、30分無料コンサルティング申し込みも受け付けておりますので、ご希望の方は、お気軽に以下から登録、ご相談ください。

プチOEMの教科書を受け取る

30分無料コンサルティング申し込みフォーム

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です