オススメのクラウドソーシングサイト(外注サイト)を紹介

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は、輸入ビジネスの環境構築編ということで、
「オススメするクラウドソーシングサイト」について解説していきます。

外注を雇う場合は、これから説明するサイトで募集していくことが基本になりますので、理解を深めてきましょう!

結論から言うと、クラウドワークスが使えれば十分

今まで150件以上の外注をしてきた僕の経験上、会員数を見ても、使い勝手を考えても、クラウドワークス一択で問題ないと言えます。

ですが、これからクラウドワークスを含む、3つのオススメできるクラウドソーシングサイトを解説しますので、クラウドワークスでなくとも、ご自分に合うものをお使い頂ければと思います。

それでは早速内容に入っていきます!

オススメのクラウドソーシングサイト3選

クラウドワークスのロゴ

クラウドワークス

会員数:300万人以上

とりあえず登録しておくべき!と言えるくらい、クラウドワークスは国内最大級のクラウドソーシングサイトになります。

全てのジャンルに案件が多く、「ライティング・英語の翻訳・イラストの作成」など、180種類以上の仕事を選ぶことができます。

クライアントとワーカー共に本人確認があるので、トラブルが少なく、信頼できるのが良いところです。

仕事内容問わず、募集をかければ即応募が来るくらい利用者が多いので、是非活用しましょう。

 

ランサーズのロゴ

ランサーズ

会員数:100万人以上

クラウドソーシングサイトとしては、国内初であり、クラウドワークスに続いて2番目に国内で規模の大きいクラウドソーシングサイトになります。

会員数はクラウドワークスに劣りますが、「ブログ記事のライティング・Webデザイン・Web制作・デザイン案件」などに強いのがランサーズ特徴になります。

  • 初心者ワーカーからプロワーカーまで多くの人が利用している幅のが「クラウドワークス」
  • 初心者ワーカーが少なく、プロワーカーが多いのが「ランサーズ」

という印象を持ちます。
スキルの高い人を募集するなら、ランサーズを使うのも良いでしょう。

 

ココナラのロゴ

ココなら

会員数:100万人以上

ココならは、簡単作業やお手伝いのニュアンスのお仕事を依頼する際に使えるクラウドソーシングサイトになります。

会員数はランサーズに近いですが、「お小遣い稼ぎ」で応募される方が多いので、応募するお仕事内容によってクラウドソーシングサイトを使い分けることが大事です。

お手軽に募集できるのが、ココならの魅力と言えるでしょう。

アカウント作成方法の解説

男性が教えている

いずれのサイトも登録は無料ですし、簡単に登録することができます。

登録の仕方を丁寧に解説していきますね。

クラウドワークスアカウント作成の解説

クラウドワークスアカウント作成はこちら

クラウドワークス登録画面

①メールアドレスを入力し、「会員登録する」をクリック

 

クラウドワークス登録画面

②届いたメールを確認する

 

クラウドワークス登録画面

③メールのURLをクリック

 

クラウドワークス登録画面

④登録情報を入力し、「入力内容を確認する」をクリック

 

クラウドワークス登録画面

⑤確認画面で不備な入力がないことを確認し、「会員登録を実行する」をクリック

 

クラウドワークス登録画面

⑥この画面が出てきたら登録完了になります。

 

ランサーズアカウント作成の解説

ランサーズアカウント作成はこちら

ランサーズ登録画面

①メールアドレスを入力して、「会員登録をする」をクリック

 

ランサーズ登録画面

②届いたメールを確認する

 

ランサーズ登録画面

③「メールアドレス認証を確認する」をクリック

 

ランサーズ登録画面

④「ユーザー名」「パスワード」「主な利用方法」を入力して「次へ」をクリック

 

ランサーズ登録画面

⑤登録情報を全て入力し、次へをクリック

 

ランサーズ登録画面

⑥この画面が出てきたら登録完了です。

 

ココナラアカウント作成の解説

ココナラアカウント作成はこちら

ココナラ登録画面

①メールアドレスを入力して、「メールアドレスで登録する」をクリック

 

ココナラ登録画面

②登録情報を入力して、「利用規約に同意して登録」をクリック

 

ココナラ登録画面

③届いたメールを確認する

 

ココナラ登録画面

④メールのURLをクリック

 

ココナラ登録画面

⑤この画面が表示されたら登録完了です。

クラウドワークスの基本的な使い方の解説

パソコンで作業している

僕自身、クラウドワークスのみで外注を募集していますので、クラウドワークスの使い方の解説をします。

 

クラウドワークスホーム画面

 

①マイページ

現在の依頼している仕事の応募状況を確認することができます。
募集を辞めたり、再募集をかけるのもこのマイページでできます。

②新しい仕事を依頼

読んで字の如く、新しい仕事の募集をかける時に使います。
募集のジャンルから募集ページに記載するタイトルや文章まで詳細に設定できます。

③仕事管理

現在依頼している仕事、過去に依頼していた仕事などの現在状況を確認することができます。
また、応募状況も確認することが可能です。

④支払い

毎月の支払いの詳細を確認することができます。
毎月の収支を纏める際にも使えますし、データをダウンロードして印刷することもできます。

⑤メッセージ

現在やりとりをしているワーカーさんと連絡をとる時に使います。
応募段階でのメッセージも確認することができます。

⑥メニューバー

輸入ビジネスに使うので、この部分は基本的に「クライアント(発注者)メニュー」にしておいてください。

⑦通知欄

新規メッセージがきた場合に数字が表示されます。
一度メッセージを開封すると数字は消えてしまいますので、返信忘れがないように注意しましょう。

最後に

オススメの外注サイトについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

輸入ビジネスを行うにあたって、商品画像の作成や、運営の外注化など、大なり小なり外注化するタイミングは必ず訪れます。

外注化にあたって、以上3つどれかのサイトの利用は必須になりますので、3つの内どれかでもいいので、徐々に使い方をマスターしていきましょう。

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です