Amazon出品用アカウントの登録方法

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は、輸入ビジネスの環境構築編ということで、
「Amazonセラーセントラルの登録方法」について解説をしていきたいと思います。

Amazonを使って物販をしていく以上、Amazonセラーセントラルは必ず利用することとなります。
すぐにAmazon物販を始めるためにも、早めにアカウントを登録しておく必要がありますので、この記事を見ながら登録を済ませていただければと思います。

それでは早速内容に入っていきます!

「小口出品」「大口出品」の2種類が存在する

Amazon出品アカウントには、「小口出品」「大口出品」の2種類があります。

それぞれの特徴、どちらを選ぶべきかを解説していきますね。

大口出品でアカウントを作るべき

Amazonの出品用アカウントを作成するなら「大口出品」でアカウントを作成しましょう。

「小口出品」では、多くの利用制限がありますので不便です。

 

「小口出品」「大口出品」それぞれの違いは、以下の表のとおりになります。

無料で使える「小口出品」ではありますが、この表の通り、殆どの機能が使えません。

後から「大口出品」に変更することもできますが、小口出品を使えば、その不便さから必ず大口出品に切り替えたくなります。

 

費用はかかりますが、最初から「大口出品」でアカウントを作成することをお勧めします。

 

上記の表では少しわかりずらいかもしれませんが、簡単に解説すれば、

  • 使える機能がほぼ無いが、無料で使える「小口出品」
  • 幅広い機能が使えるが、有料な「大口出品」※月額5000円

ということです。

輸入ビジネスをやるにあたって、小口出品ではまともにビジネスができませんので、大口出品を選択しましょう。

 

より詳しく、「小口出品」「大口出品」の違いを知りたい方は、こちらのページをご確認ください。

Amazonセラーセントラルアカウント作成方法

アカウント作成に必要なもの

クレジットカード
このクレジットカードから、商品出品手数料や配送手数料が引かれることになります。
プライベート用ではなく、ビジネス専用のクレジットカードが好ましいです。

 

銀行口座
プライベートで使っている銀行口座ではなく、ビジネス専用の銀行口座を登録するようにしましょう。
輸入ビジネスをやっていく中で、毎月数十万円というお金が出入りしますので、プライベート用の銀行口座と混ぜてしまうと、ごちゃごちゃになってしまいますので注意が必要です。

 

電話番号
普段お使いのスマホの電話番号でも構いませんし、ビジネス用の携帯電話でも構いません。
ビジネス用で携帯電話があれば、尚良しです。

 

メールアドレス
ビジネス専用のメールアドレスを登録するようにしましょう。
プライベートで使っているメールと混ぜてしまうと、ごちゃごちゃになりますので注意が必要です。

 

本人確認書類

2019年から、本人確認の為の書類を提出する事が必要になりました。

必要書類は以下の2つです。

「運転免許証 or パスポート」「普段使用している銀行の通帳」

以下の記事でもビジネスに必要なものを解説していますので、是非、参考にしてみてください。

これから輸入ビジネスを始めるにあたり準備するもの

Amazon購入者アカウントを作っておく必要がある

まず、Amazon購入者用のアカウントを作っておかなければいけません。

Amazon購入者用のアカウント作成はこちら(無料でアカウント作成できます)

Amazon購入者用アカウント作成が完了してから、Amazon出品者用アカウント作成に進むことができます。

① 漢字フルネームで名前を入力

② カタカナで名前を入力

③ ビジネス用のメールアドレスがある方は「ビジネス用のメールアドレス」、ビジネス用メールアドレスがない方は「登録したいメールアドレス」どちらかをそれぞれ入力

④ ログインする際に使うパスワードですので、絶対に忘れないパスワードにしましょう。

例えば、生年月日+名前とか

 

入力を完了させて、「アカウントを作成」をクリックすると、以下の画面になります。

① 先ほど設定したメールアドレス宛に専用コードが届きますので、専用コードを入力しましょう。

 

アカウントの作成をクリックすると、購入者用アカウントが完成し、以下の画面に戻ります。

ここまで完了したら、Amazon出品用アカウントの作成に入っていきます。

Amazon出品者アカウントを作ろう

1,Amazonホームページ画面を一番下までスクロールすると以下のような画面に行き着きます。

【Amazonでビジネス】 →  Amazonで売る

をクリックします。

Amazonホームページはこちら

 

2,「さっそく始める」をクリック

 

3,クリックすると、以下の画面が出てきます。

① あなたの「国籍」を選ぶ

② あなたの「出生国」を選ぶ

③ プルダウンの中から、身分証どれかを選び、番号を入力

④ 身分証の「発行国」を選ぶ

⑤ 身分証に記載されている名前を入力

⑥ 生年月日を入力

⑦ 身分証の有効期限を入力

⑧ 事務所がある方は事務所の住所を、自宅兼事務所の方は自宅の住所をそれぞれ入力

⑨ ビジネス用の電話番号がある方は「ビジネス用の電話番号」、ビジネス用の電話番号が無い方は「プライベート兼ビジネス用の電話番号」どちらかをそれぞれ入力

⑩ SMSで本人確認する時の言語を設定

※SMSとは、ショートメッセージサービスの略

全て入力が完了したら「SMSを送信する」をクリック

 

4,問題なく進むことができれば、以下の画面になります。

① SMSで届いたワンタイムパスワードを入力

 

5,「検証」をクリックして問題がなければ、以下の画面になります。

「認証が正常に完了しました」を確認できたら、「次へ」をクリックしてください。

 

6,「次へ」をクリックすると以下の画面になります。

① 登録したいクレジットカード情報を入力

※ここで設定するクレジットカードに請求される費用は、

・商品出品手数料、出荷手数料

・大口出品の月額登録料

・購入者からの返金

の費用になります。

 

ただし、売上金があればそこから差し引かれますので、基本的にクレジットカードに請求はこないと考えて大丈夫です。

 

7,クレジットカード情報を入力したら「次へ」をクリックすると以下の画面が出てきます。

① 自分が付けたいストア名を入力

※後で変更できます。

②「はい」を選択

③「はい」を選択

※「商標権は取得していますか?」といった表示が出てきたら、

「はい」を選択

 

8,全て入力を済ませ、「次へ」をクリックすると以下の画面になります。

 

① 免許証かパスポートどちらかでOK

「表面」をスマホで撮影したものをアップロードすれば問題なし。

② 「裏面」をスマホで撮影したものをアップロードすれば問題なし。

③ プルダウンから用意できる書類を選択

④ それぞれの明細書類をアップロード

9,全ての書類をアップロードし、送信をクリックしたら1週間ほどで結果が通知されます。

そうなれば、晴れてアカウント登録は終了になります。

最後に

Amazon出品アカウント登録方法の解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

アカウント作成は複雑そうに見えますが、この記事をみていただければ、スムーズにアカウント登録まで進められるかと思います。

出品アカウントを作って、これからどんどんヒット商品を量産して販売し、利益をたくさんとっていきましょう!

 

また、出品用アカウントを作成したら、併せてFBA利用登録も済ませておきましょう。

FBAは、出品者の代わりに在庫の管理、梱包発送業務を行ってくれる便利なシステムです。

FBAの詳細に関しては、こちらの記事で解説しています。

FBA(フルフィルメント by Amazon)を徹底解説

 

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

追伸

オリジナル商品販売で叶える「時間とお金」に縛られない生き方

僕は元々、Amazon相乗り転売をしていましたが、今は辞めて、プチOEM販売にビジネスモデルをシフトチェンジをしています。

毎月10分間の発注作業だけで、毎月40万円を安定して稼ぎ、東京都端っこでのんびり暮らしています。

 

そんなプチOEMのノウハウを、僕の今までの経験をもとに、1つの教科書にまとめました。

無料メルマガ講座で、プチOEMの教科書を無料プレゼントしています。

 

合わせて、30分無料コンサルティング申し込みも受け付けておりますので、ご希望の方は、お気軽に以下から登録、ご相談ください。

プチOEMの教科書を受け取る

30分無料コンサルティング申し込みフォーム

 

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です