髭脱毛は麻酔なしでも耐えられる?麻酔以外で痛みを和らげる方法を解説!

・髭脱毛は麻酔なしでも耐えられるかな、、、。

・髭脱毛は麻酔なしだとどれくらい痛いんだろう、、。

 

こうした髭脱毛に関するお悩みをお持ちではないですか?

本記事では、髭脱毛を経験した僕から「髭脱毛は麻酔なしで耐えられるかどうか」を解説していきます!

 

結論:髭脱毛は麻酔なしでも耐えられます。

ただし、めちゃくちゃ痛いです。

Contents

麻酔なしの髭脱毛はどのくらい痛い?

髭脱毛のレーザー照射による痛みは、「髭の濃さ・髭が濃い部位」によって痛みの感じ方が大きく異なります。

おおよそ以下のようなイメージを持っていただけると分かり易いと思います。

 

・髭が薄い人:チクッとした痛み(細い針を刺される感じ)

・髭が濃い人:バチンッとした痛み(輪ゴムで「バチンッ」とされた感じ)

 

髭が薄いところはそこまで痛くないですが、髭が濃い部分はめっちゃ痛いです。

僕は涙目になりました。

 

 

 

そして厄介なのが、レーザーを当てる部位によっても痛みの感じ方が大きく変わるところ。

皮膚が薄い「鼻下・もみあげ・頬」は痛みを強く感じやすく

逆に皮膚が分厚い「顎・顎下」は痛みを感じづらいとされています。

 

つまり、皮膚が薄い「鼻下・もみあげ・頬」の髭が濃い場合はめちゃくちゃ痛いと思ってください。

※皮膚が分厚い「顎・顎下」の髭が濃い場合でもめっちゃ痛いので、皮膚が薄い箇所の「鼻下・もみあげ・頬」の髭が濃い方は覚悟した方がいいです。

髭脱毛で痛みを感じやすい部位ランキング

髭脱毛を経験してみて感じた「痛みを感じやすい部位」をランキング化してみました。

【順位】【部位】
1位鼻下
2位
3位顎下
4位もみあげ
5位

「皮膚が薄い」「髭の密度が濃い」「髭が太い」

上記3つのいずれかが含まれる部位は痛みを強く感じやすい特徴があります。

上記3つとも重なる部位があれば、めちゃくちゃ痛いので覚悟しておいてください。笑

 

鼻下の髭が薄い僕ですら痛かったので、鼻下の髭が濃い人は髭脱毛を麻酔なしでやるのはやめておいた方がいいでしょう。

麻酔が無料で受けられるクリニックもある

麻酔なしの髭脱毛はめちゃくちゃ痛いとは言いましたが、痛みの感じ方は個人差があるので、麻酔なしでも平気な方もいらっしゃいます。

また、「髭の濃さ・髭が濃い部位」によっても痛みの感じ方が大きく変わります。

 

皮膚が薄い「鼻下・もみあげ・頬」の髭が濃い場合は、相当強い痛みになると思いますので、耐えられる自信がない方は麻酔無料のクリニックを利用するのも一つの手です。

 

麻酔無料の髭脱毛をお探しの方は、麻酔クリーム無料の「メンズエミナル」「メンズ自分クリニック」のどちらかをお勧めいたします。

麻酔をしても無痛にはなりません

もし麻酔をしたとしても無痛になるわけではなく、あくまでも痛みを和らげる効果があるものだと認識しておきましょう。

ヒゲ脱毛の麻酔には「麻酔クリーム」「笑気麻酔(ガス麻酔)」の2種類がありますが、いずれの麻酔も無痛効果をもたらすものではありません。

 

無痛にはならないものの、痛みを和らげる効果が有るのと無いのでは、痛みの感じ方が大きく異なります。

「鼻下・もみあげ・頬」の髭が濃い方は、麻酔をしてから髭脱毛をするのも良いでしょう。

 

髭が薄い人は麻酔の必要はありません。

麻酔なし痛みを和らげる方法がある

麻酔なしで痛みを和らげるにはレーザー出力を下げる対応方法もありますが、出力を下げてしまうことにはメリットとデメリットが存在します。

 

レーザー出力を下げるメリット:痛みを低減することができる。肌荒れもしずらい。

レーザー出力を下げるデメリット:レーザーが弱いので脱毛効果が弱い。ツルツルにするまでには時間とお金が多く必要になる。

 

時間とお金が余分にかかっても良いのなら、レーザー出力を下げて脱毛をしてみるのも良いでしょう。

※痛みを確認するためにレーザー照射のテストを受けることもできます。「痛いのは嫌だけど早く脱毛を終わらせたい」と考えている方は、テスト照射でご自身が耐えられる痛みに合わせた出力レベルを確認するといいでしょう。

麻酔以外で髭脱毛の痛みを和らげる方法

スキンケア

普段からスキンケアを徹底して、肌を保湿することが大切です。

スキンケアをおろそかにしてしまうと、肌が乾燥することにより肌荒れを起こしてしまい、髭脱毛の施術時により強いを感じやすくなってしまいます。

 

お風呂上がりの化粧水や乳液を塗る程度で十分なので毎日保湿を徹底しましょう。

日焼けを防ぐ

レーザー脱毛は、髭の黒色のメラニン色素に反応するレーザーを照射して毛根にダメージを与える脱毛方法です。

そのため、日焼けをしてしまうと、髭だけでなく肌にもレーザーが反応してしまい脱毛効果を弱めるだけでなく、より強い痛みを感じ易くなってしまいます。

 

クリニックによっては、過度な日焼けの場合は施術を受けられないこともあります。

脱毛に日焼けは天敵ですので、脱毛施術期間は日焼けをする行動は控えましょう。

※日焼けが避けられない場合は、夏場を避けて髭脱毛に通うことをオススメします。

施術前後は血流をよくする行動を控える

髭脱毛の施術前は、血流が良くなる「飲酒」「運動」「長時間の入浴」を控えましょう。

血流が良くなると肌が敏感になり、髭脱毛施術時に痛みを感じ易い状態になってしまいます。

 

髭脱毛の施術がある当日は、血流が良くなる行動は控えるべきでしょう。

まとめ

髭脱毛は麻酔なしでも耐えられます。個人差はありますが、髭が濃い人はめちゃくちゃ痛いのは確実です。

 

皮膚が薄い「鼻下・もみあげ・頬」は痛みを強く感じやすく、逆に皮膚が分厚い「顎・顎下」は痛みを感じづらい。

 

麻酔は痛みを和らげるためのもので、無痛にできるわけではない。

 

レーザー出力を下げれば痛みを和らげることはできる。ただし、デメリットとして脱毛効果が弱く時間とお金がかかる

 

麻酔以外で髭脱毛の痛みを和らげる方法は以下の3つ

・スキンケア

・日焼けを防ぐ

・施術前後は血流をよくする行動を控える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です