副業で稼げる中国輸入ビジネスとは?

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は、輸入ビジネスの環境構築編ということで、
「中国輸入ビジネスの魅力」について解説していきます。

中国輸入ビジネスは、他の輸入ビジネスと比べても魅力が多く、
正しい方向性で実践すれば、
短期間で成果を出すことも十分に可能なビジネスモデルです。

まずは中国輸入ビジネスならではの魅力について
しっかりと理解を深めていきましょう!

中国輸入ってどんなビジネス?

中国輸入ビジネスとは、中国の仕入れ先から利益の見込める商品を発注し、
その商品を日本に輸入してECサイトや自社のネットショップなどで商品を販売して
利益を生み出すビジネスモデルです。

主な中国商品の仕入れ先としては、

タオバオ・・・中国最大手の消費者向け(B to C)ショッピングサイト。
アリババ・・・問屋向けの(B to B)ショッピングサイト。
AliExpress・・・輸入代行業者を通さずに個人で商品の購入が出来るのが大きな特徴。
チャイナマート・・・タオバオ・アリババ・天猫などのサイトが日本語で検索可能。

などが挙げられます。

中国市場には数多くの商品が取り扱われていますので、
日本市場との価格差を最大限に活用して収益を上げていきましょう!

中国輸入ビジネスの魅力について解説

商品を入れたコンテナを積載している船

欧米輸入、タイ輸入、韓国輸入と数多く存在する輸入ビジネスの中でも、
特に輸入ビジネス初心者にとって「中国輸入のメリット」はとても大きいです。
どんなメリットがあるのか?これから解説していきます。

英語・中国語などの語学力が必要ない

英語や中国語の語学力が全く必要ないと言ってしまうと少し語弊がありますが、
中国輸入ビジネスでは英語・中国語を使用する機会がほぼありません。
(私自身、英語も中国語もハローやシェイシェイとかのレベルの言葉しか知りませんが、ビジネスをできています)

欧米輸入となると、英語を使用して仕入先セラーと直接の価格交渉が必要ですが、
中国輸入では商品買い付けや価格交渉も輸入代行業者を通して行いますので、
自分が英語や中国語を使用して交渉する必要がありません。

ただし、もちろん語学力が備わっているに越したことはないので、
よく出てくる商品名や単語などは、随時覚えていく努力はしましょう。
「輸入ビジネス」と言うと、英語などの語学力の面で不安を感じる方が多いのですが、
中国輸入ではこのような心配は不要ですので、安心してビジネスを始められるのも魅力の一つです。

小資金で輸入ビジネスを始められる

中国輸入ビジネスで取り扱う商品はとても安価なので、
少資金からでも輸入ビジネスが始められるのが大きな魅力です。
物販ビジネスを始める場合には、販売する商品を仕入れて在庫を持つ必要がありますので、資金が0の状態では、ビジネスを始める事は難しいです。
※資金が全くない状態でも、クレジットカードを使用することで商品の仕入れは可能ですが、リスクが大きいのでオススメしません。

輸入ビジネスを始められる方の多くは、始めから資金に余裕が有るという方の方が少ないと思います。

比較対象とされる事が多い欧米輸入を例にあげますが、商品の仕入れ単価が1万円を超えてくるのは当たり前、むしろ数万円以上という価格帯の商品を取り扱うことも珍しくありません。
一方で、中国輸入で仕入れる商品の原価は、1000円~3000円程度が一般的ですし、安い商品だと〜500円程度の商品もあります。
そのため、最初は小資金からのスタートでも、十分に中国輸入ビジネスを実践することが可能なのです!
このように、少資金からでも無理なく輸入ビジネスをスタートできるという点が、
中国輸入ならでは魅力と言えますね。

原価が低いからこそリスクも少ない

データに基づいてしっかりリサーチをしてから仕入れをしますので、
全く売れないということは基本的にありません。

もし万が一、商品そのものに問題があったり、何らかのトラブルが生じて販売できなくなってしまった時でも
致命傷になりづらい点は仕入原価を低く抑えられる中国輸入ならではのメリットと言えるでしょう。

完全在宅での実践が可能

中国輸入ビジネスは、インターネット環境とパソコンさえあれば
実践する場所を選びませんので、文字通り完全在宅での実践が可能です。

仕入れ商品のリサーチから買い付けはもちろん、
商品の出品から販売までの作業は全てパソコン1台で完結させることが出来ます。

副業での実践者が多いのも、このように中国輸入ビジネスが完全在宅で実践できる
ビジネスモデルであるということからも納得できますね。

Wi-fi環境があれば、カフェや図書館でも作業できますし、
海外旅行しながらでも作業できるので、
自由度の高いビジネスモデルと言えますね。

商品の輸入⇒販売までのサイクルが短い

中国輸入ビジネスでは、基本的にDHLやOCS、FedExといった
航空便(クーリエ)を利用して中国から商品を輸入します。

欧米諸外国と比較しても、日本と中国の物理的な距離が近いということもあり、
中国輸入商品が日本に届くまでの所用日数は、欧米輸入と比べると断然短いです。

輸入代行業者に商品の買い付けを依頼した時点から、約10日〜14日ほどで日本のAmazon倉庫に納品されます。(輸入代行業者からAmazon倉庫に直接納品の場合)
航空便に商品が乗ってしまえば輸送自体は数時間ですので、通関に不備さえなければ、輸入代行業者からDHLやOCSの送り状番号が発行されたその2日後には、日本のAmazonから商品売上通知が届くこともあります。

このスピード感を生かし、クレジットカードを使ってうまく資金を回転させていけば、資金が少なくても確実に資金を増やしていけると言う訳です。
このスピード感は、中国輸入ビジネスならではの魅力ですね。

中国輸入ビジネスならではの魅力を理解した上で、具体的な作業の実践へと移りましょう!

最後に

中国輸入ビジネスの魅力について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

欧米輸入やタイ輸入などのビジネスに比べても、初期費用が大きくないので、
始めやすいのが中国輸入ビジネスの魅力です。

最初は、小資金から初めて、どんどんビジネスを大きくすることもできますので、
是非中国輸入にチャレンジしてみましょう!
(僕自身、最初は3万円の仕入れから初めて、100万円を超える仕入れまで経験しています)

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です