FBA料金シミュレーターの使い方

こんにちは、

元自動車整備士のガイです!

 

Amazon物販を始めたときに必ず出てくる悩みとして、

  • 「Amazon手数料やFBA出荷手数料っていくら引かれるの?」
  • 「出品者出荷の場合のAmazon手数料はいくらかかるの?」
  • 「Amazon手数料が分からないからいくら利益が出ているのか分からない」

と言ったような事例が挙げられます。

 

そこで今回は、商品によって異なるAmazon手数料を調べることができる

『FBAシミュレーターの使い方』について徹底解説していきます。

FBA料金シミュレーターとは?

FBA料金シミュレーターとは、

Amazonが無料で提供している、Amazon物販の利益計算ツールです。

 

以前は、出品者アカウントがないと利用できませんでしたが、

今ではゲストとして、

出品者アカウントがなくても利用できるようになっています。

 

ただし、1日5回までしか調べることができませんので、

慎重に使っていきましょう。

 

FBA料金シミュレーターの使い方

①FBA料金シミュレーターにアクセスする

以下のように「FBAシミュレーター」と検索し、

検索結果上部に表示されたサイトをクリックしましょう。

 

「ゲストとして続ける」をクリックして、

サイトを開きます。

②ASINを入力する

Amazon商品ページ中段に

「登録情報」が記載されている部分があります。

 

この「登録情報」の中の「ASIN」をコピーし、

FBA料金シミュレーターの検索窓に貼り付けして検索します。

③出荷方法別の入力項目を解説

FBA料金シミュレーターは、

  • 出品者出荷
  • Amazonから出荷(FBA出荷)

2種類でそれぞれ入力する項目が異なります。

出品者出荷

【入力例】

【検索結果】

・商品価格(販売価格)

・配送料(送料がお客様負担の場合)

・出品者出荷の費用(発送にかかった費用の詳細)

→ 労賃

→ 梱包材

→ 購入者への出荷

→ カスタマーサービス

・商品あたりの月額保管手数料(国内倉庫を別途利用している場合はその費用)

・平均保管在庫数(在庫の数)

・商品原価(1商品あたりの輸入経費)

Amazonから出荷(FBA発送)

・商品価格(販売価格)

・Amazonへの納品(1商品あたりの輸入経費)

・平均在庫数(在庫の数)

・商品原価

 

 

 

 

 

 

Amazon物販での利益計算方法

中国輸入ビジネスでは、まず最初にAmazonで売れ行きの良い商品を見つけ出し、次にその商品を中国仕入れ先(タオバオ・アリババ)で探し出した時点で、ようやくその商品の仕入れ原価が判明するので、ここで初めて利益計算が可能になります。
そして、Amazon物販における利益計算はこちらの計算式に当てはめて頂ければOKです。

利益 = Amazon販売価格 – 仕入れ価格(送料+関税+消費税+輸入代行手数料)- 出品手数料 – FBA手数料

Amazon販売価格は、販売する予定の価格で考えていきましょう。

商品の仕入れ価格については、商品代金以外にも輸入経費を含めて考える必要がありますので、代行業者から送られる見積書を元に算出していきます。
関税と消費税の先払い分については、後から返金されることもありますが、見積もりの時点では先払いの金額で計算しておきましょう。
そして重要なのが、Amazonで販売する際の手数料です。
Amazonでの販売手数料は、販売価格の約15%程かかりますし、FBAを利用する場合にはFBA手数料も別途かかってきます。
このAmazon販売の手数料については、FBA料金シミュレーターを利用することで簡単に把握することが出来ます。

FBA料金シミュレーターの使い方

ここからは実際にAmazon FBA料金シミュレーターを利用して、その使い方について説明していきます。
まずは下記のURLをクリックして、FBA料金シミュレーターを表示させましょう。
FBA料金シミュレーター

今回はこちらの「フリップスタンドクロック」という商品で計算していきます。
現在のカート価格は、FBAセラーの3,300円ですね。
FBA料金シュミレーターの使い方

商品ページでASINコードをコピーし、
FBA料金シミュレーターの検索欄に貼り付けて検索をクリックします。
FBA料金シュミレーターの使い方

今回はFBA発送のFBA手数料を確認したいので、FBA発送の場合の項目に商品代金を入力しましょう。
ここは先ほど確認した現在のFBAセラーのカート価格を基準にします。
FBA料金シュミレーターの使い方

販売する予定価格を入力して計算ボタンをクリックすると、下記の通りAmazonでFBAを利用して商品を販売した際に発生する手数料を確認することが出来ます。
FBA料金シュミレーターの使い方

確認すべきは、出品手数料FBA手数料の2箇所でOKです。
今回の商品では、出品手数料495円とFBA手数料415円が商品を販売した際にかかる経費となりますので、先ほどの利益計算の方程式に当てはめてみましょう。
利益=3,300円-仕入れ価格(送料+関税+輸入代行手数料)- 495円 – 415円
となりますので、

2,390円 – 仕入れ価格(送料+関税+消費税+輸入代行手数料)=利益

ということになります。

最後に

FBAシミュレーターの使い方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

このように、FBA料金シミュレーターではAmazon販売で発生する手数料を簡単に計算することが出来るので、仕入れを検討している商品でどれくらいの利益が残るのかがすぐに分かります。

Amazon販売には必須の利益計算ツールですのでしっかりと使い方をマスターしておきましょう!

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です