フリーメールでも輸入物販を行って良いのか?

メール

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は、輸入ビジネスの環境構築編ということで、
「輸入ビジネスに最適なフリーメールアドレス」について解説していきます。

輸入ビジネスをするにあたって、連絡手段としてメールを使うことは必須になりますので、理解を深めてきましょう!

それでは早速内容に移っていきます。

輸入ビジネスでフリーメールアドレスはNG?

クエスチョンマーク

結論から言いますと、フリーメールアドレスで大丈夫です。

僕自身、未だにフリーメールアドレスで業者とやりとりしていますし、連絡さえ取れれば問題ないというのが本音です。

中国輸入ビジネスにおいては、「独自ドメインメールアドレスでなくても十分交渉できますし、フリーメールでもビジネスには支障がない」というのが経験に基づいた結果ですので、フリーメールを使って輸入ビジネスをしていきましょう。

中国輸入でオススメのフリーメールアドレスと、その使い分け

とはいったものの、フリーメールアドレスにもたくさん種類がありますよね。

「どれを使えばいいの?」

と考えられる方がいらっしゃると思います。

そこで、「このフリーメールアドレスを持ってれば間違いない」というメールアドレスをご紹介します。

  • yahooメールアドレス
  • gmailアドレス

ここで注意ポイントがあります。

プライベート用とビジネス用は完全に分けるようにしましょう。

ビジネスの重要な取引先業者とのメールがプライベートメールと混じってしまい、とても見辛くなるので、新しいメールアドレスを作成しましょう。

例えば、「輸入代行業者からのメールはyahooメール」「Amazonからのメールはgmail」といった具合で、上手にメールアドレスを使い分けて、わかりやすく管理していくと、スムーズにビジネスができます。

以上2つの「メールアドレスの取得方法」はとても簡単です。

これから解説していきますね。

Yahooメール取得方法の解説

Yahoo!メールアドレスを取得する為には、まずYahoo! JAPAN ID の登録(無料)が必要です。

以下の手順で、Yahoo! JAPAN ID の取得とYahoo!メールアドレスの作成を同時に進めていきましょう。

Yahooメール登録画面  

1,Yahoo!メールの公式ページで、
画面真ん中の「今すぐメールアドレスを作る」をクリック

Yahooメール登録画面

2,スマホの電話番号を入力して、「次へ」をクリック

 

Yahooメール登録画面

3,スマホの電話番号宛にSMSが届きますので、「確認コード」を入力して、「確認する」をクリック

 

Yahooメール登録画面

4,登録情報を入力し、「登録する」をクリックすれば登録完了です。

※複数のメールアドレスを取得していく場合には、今後の管理を楽にする為にも、

 

●●●●01@yahoo.co.jp
●●●●02@yahoo.co.jp
●●●●03@yahoo.co.jp

 

のように、●●●●の部分は変えずに、後ろの数字だけを変えていくようなメールアドレスの取得をしておくとアドレス毎の用途が分かり易いです。
ビジネスを実践していくと多くのアドレスを取得することになりますので、最初から規則性を持ってアドレスを取得していくことをお勧めします!

 

以上で、Yahoo! JAPAN ID の登録が完了し、Yahoo!メールアドレスの使用が可能となります。

Gmail取得方法の解説

Gmailを利用する為にはGoogleのアカウント作成(無料)が必要になります。

以下の手順で、Googleアカウント作成とGmailの登録を済ませていきましょう!

 

gmail登録画面

1,Google公式ページで「Gmail」をクリック

 

gmail登録画面

2,「アカウント作成」をクリック

 

gmail登録画面

3,「ビジネスの管理用」をクリック

 

gmail登録画面

4,登録情報を入力して、「次へ」をクリック

 

※複数のメールアドレスを取得していく場合には、今後の管理を楽にする為にも、

 

●●●●01@gmail.com
●●●●02@gmail.com
●●●●03@gmail.com

 

のように、●●●●の部分は変えずに、後ろの数字だけを変えていくようなメールアドレスの取得をしておくとアドレス毎の用途が分かり易いです。
ビジネスを実践していくと多くのアドレスを取得することになりますので、最初から規則性を持ってアドレスを取得していくことをお勧めします!

 

gmail登録画面

5,「電話番号(省略可)」「再設定用メールアドレス(省略可)」は入力しない。
※後で設定可能です。
「生年月日」「性別」を入力して「次へ」をクリック

 

gmail登録画面

6,下へスクロールし、「同意する」をクリック

 

gmail登録画面

7,この画面になるので少し待ちましょう

 

gmail登録画面

8,この画面が出てきたら登録完了です。

以上で、Googleアカウントの作成が完了し、Gmailの使用が可能となります。

最後に

輸入ビジネスでオススメのメールアドレスについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

中国輸入ビジネスにおいて、独自ドメインはそこまで重要ではありません。

フリーメールで構いませんので、ビジネス用のメールアドレスを必ず複数取得しておきましょう。

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です