FBA料金シミュレーターで自動計算する方法

こんにちは。

元トヨタディーラー整備士のガイです。

 

FBA料金シミュレーターを使ってAmazon手数料やFBA手数料を調べるにあたって、

  • 毎回毎回、ASINをコピぺして検索するのめんどくさい。。。自動計算する方法ないかな?
  • Amazon商品ページから直でFBA料金シミュレーターにアクセスして自動で計算する方法はないの?

そう思っている方は多いのではないでしょうか?

 

わかります。正直面倒ですよね。

 

そんな方にぜひお伝えしたいFBA料金シミュレーターを自動計算させる方法があります。

FBA料金シミュレーターを自動計算させる方法

googke拡張機能の一つである「smasurf」を導入することで、FBA料金シミュレーターを自動計算させることが可能になります。

自動計算させるだけでなく、1クリックでAmazon商品ページから直接、FBA料金シミュレーターにアクセスすることができます。

早速、解説していきますね。

Google Chrome拡張機能「smasurf」を導入する

FBA simulator

smasurfnの導入はこちら

「sma surf」を使って「FBA料金シミュレーター」にアクセス

 

「sma surf」の導入が完了したら、Amazon商品ページの右下に注目してください。

オレンジ色で「smasurf設定」と表示されますので、そこへカーソルを合わせます。

FBA simulator

 

カーソルを合わせ、「アイテムクイックを表示する」にチェックを入れます。

FBA simulator

 

オプションの中から「FBA料金シミュレーター」をクリックします。

FBA simulator

 

smasurfを使って、Amazon商品ページからFBA料金シミュレーターにアクセスすれば、以下の画像のように、アクセス元の商品ページのASINで自動検索されます。

FBA simulator

 

その他、Amazon物販で使える拡張機能はこちらの記事で解説しています。

 

まとめ

smasurfを使うことで、FBA料金シミュレーターを新規タブで開いて、ASINをコピペして検索する必要はなくなります。

 

Amazon商品ページから、1クリックでFBA料金シミュレーターにアクセスできて、さらにASINのコピペも必要ありません。

全て自動で計算してくれます。

 

ぜひ「smasurf」を導入して、FBA料金シミュレーターを自動計算で使いこなしていきましょう!

追伸

オリジナル商品販売で叶える「時間とお金」に縛られない生き方

僕は元々、Amazon相乗り転売をしていましたが、今は辞めて、プチOEM販売にビジネスモデルをシフトチェンジをしています。

毎月10分間の発注作業だけで、毎月40万円を安定して稼ぎ、東京都端っこでのんびり暮らしています。

 

そんなプチOEMのノウハウを、僕の今までの経験をもとに、1つの教科書にまとめました。

無料メルマガ講座で、プチOEMの教科書を無料プレゼントしています。

 

合わせて、30分無料コンサルティング申し込みも受け付けておりますので、ご希望の方は、お気軽に以下から登録、ご相談ください。

プチOEMの教科書を受け取る

30分無料コンサルティング申し込みフォーム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です