FBAマルチチャネルサービスのAAPAとは?

こんにちは!

自動車整備士を辞めて、Amazon物販で起業をしたガイです。

 

FBA倉庫に在庫を保管していながら、Amazonでの予約販売や、出品者出荷をはじめとして、楽天市場やヤフーショッピングの受注へも発送できるFBAマルチチャネルサービスはとても便利ですよね。

 

FBAマルチチャネルサービスの配送は、基本的にヤマト運輸か佐川急便が行ってくれますが、まれにAAPAという聞いたことがない配送業者によって配送されることがあります。

FBAマルチチャネルサービス AAPA

 

AAPAってなに??

 

このような疑問を持たれる方が多いと思います。

そこでこの記事では、FBAマルチチャネルサービスのAAPAとは何かについて解説していきます。

AAPAとは?

FBAマルチチャネルサービスで発送を依頼した際に、稀に表示されるAAPA。

このAAPAとは、Amazonのデリバリープロバイダ(Amazonと提携している地域限定の配送業者の名称)のことで、全9社で構成されています。

業者名 営業所・物流センター
TMG 大阪、東京、兵庫、広島、岡山、福岡、大分、長崎、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎、宮城
SBS即配サポート 東京、千葉、埼玉
札幌通運 北海道、宮城、東京、神奈川、埼玉、群馬、栃木、茨城
丸和運輸機関 ほぼ全国
若葉ネットワーク ほぼ全国
ギオンデリバリーサービス 東京、神奈川
ヒップスタイル 神奈川
遠州トラック 静岡、愛知、神奈川、東京、千葉、埼玉、福島、富山
ロジネットジャパン西日本 大阪、兵庫、京都、滋賀、愛知、静岡

営業所、物流センターによって担当地域が異なるのが特徴です。

AAPAは配送業社を指定できない

AAPA発送になってしまうと、上記9社の中からランダムで発送されてしまうのがFBAマルチチャネルサービスの困ったところ。

どの配送業者で配送されるかは一切指定できません。

 

運に任せるしかありませんね。

AAPAの問い合わせ先

マルチチャネルサービスでのAAPA発送についての問い合わせ先は、Amazonカスタマーサービス窓口となっています。

Amazonカスタマーサービスへの問い合わせは、チャットとお電話の両方で可能です。

 

どちらもこちらの問い合わせフォームから、問い合わせがが可能となっています。

AAPA発送の荷物追跡

マルチチャネルサービスで発送した場合、発送完了後に追跡番号が表示されます。

 

ヤマト運輸での発送の場合は、追跡番号12桁の番号をお荷物お問い合わせシステムに入力すればすぐに検索できます。

しかし、AAPAの追跡番号は、上記の9社の中からランダムに発送されるので、追跡番号がわかっても、どの配送業者の追跡サイトで調べたらいいのかわからないと感じる方も多いと思います。

 

ご安心ください。

 

上記のAAPA発送9社全てをTMGが総括していますので、AAPA発送の追跡番号は、こちらの配送中お荷物の状態照会でお荷物お荷物をお荷物を追跡することができます。

AAPAで発送になる条件

FBAマルチチャネルサービスで発送を依頼した場合、ほとんどの確率でヤマト運輸での発送になりますが、FBA倉庫の繁忙期や、発送依頼が一時的に集中した場合にのみAAPAでの発送になることがあります。

 

Amazonプライムデーや、楽天スーパーセールなどの出荷依頼が殺到する時期は、AAPAでの発送になりやすいので、AAPAで発送された場合でも、きちんとお客様に事情を説明して追跡番号をお伝えしましょう。

AAPAで発送しないために

FBAマルチチャネルサービスで発送するなら、なるべく信頼できる佐川急便かヤマト運輸に発送を依頼したいですよね。

AAPAで発送と言われると些か不安ですし。

 

実際、SNSやインターネットでAAPA発送に対して、あまり良い評判を聞きません。

なるべくAAPA発送になることは避けた方が良いでしょう。

 

AAPAで発送されないようにするには、FBA倉庫の繁忙期を避けてFBAマルチチャネル発送を利用すると良いです。

まとめ

FBAマルチチャネルサービスのAAPAについて解説してきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

まとめると、

  • FBAマルチチャネルサービスで発送依頼をしたときに、まれに表示されるAAPAはAmazonデリバリープロバイダー。
  • AAPA9社の中から配送業社の指定はできない。
  • AAPAでも荷物追跡は可能。
  • 繁忙期を避ければ、AAPA発送になりずらい。

 

大きなトラブルにはならないと思いますが、できるだけ信頼できるヤマト運輸か佐川急便で発送してもらえるように、FBAマルチチャネルサービスの利用時期を考えて使っていきましょう。

オリジナル商品販売で叶える「時間とお金」に縛られない生き方

僕は元々、Amazon相乗り転売をしていましたが、今は辞めて、プチOEM販売にビジネスモデルをシフトチェンジをしています。

毎月10分間の発注作業だけで、毎月40万円を安定して稼ぎ、東京都端っこでのんびり暮らしています。

 

そんなプチOEMのノウハウを、僕の今までの経験をもとに、1つの教科書にまとめました。

無料メルマガ講座で、プチOEMの教科書を無料プレゼントしています。

 

合わせて、30分無料コンサルティング申し込みも受け付けておりますので、ご希望の方は、お気軽に以下から登録、ご相談ください。

プチOEMの教科書を受け取る

30分無料コンサルティング申し込みフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です