輸入時に掛かる関税と消費税とは?

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は、輸入ビジネスの環境構築編ということで、
これから輸入ビジネスを実践していく上では避けて通れない「輸入時にかかる関税と消費税」について解説していきます。

輸入商品にかかる関税率は非常に細かく設定されており、商品項目によっては非常に高額な関税がかかる場合もあります。

まずは、この記事でしっかりと関税についての理解を深めておきましょう。

それでは、早速内容に移っていきます!

そもそも関税って何?

商品を入れたコンテナを積載している船

そもそも関税とは、外国から商品を輸入する際に徴収される税金のことです。

関税を適用することで、価格が安い海外製品から、自国の製品や産業自体を保護する役割を果たしています。

関税率は商品項目毎に細かく定められており、海外から商品を輸入する場合には「関税」+「消費税」+「通関手数料」が徴収されます。

関税がかかるタイミングは、以下の記事でも解説していますので参考までに。

輸入ビジネスの一連の流れを解説

輸入ビジネスで適用される関税について

ホワイトボードを使って教えている

それでは、輸入ビジネスにおいて適用される関税について具体的に説明していきます。

輸入ビジネスで考えるべき関税の計算は、慣れてくるとある程度パターン化出来ますので、まずはその基本的な仕組みをしっかりと理解していきましょう。

個人輸入と商業輸入の2種類がある

輸入ビジネスにおいて、海外から商品を輸入する場合、大きく分けると「個人輸入」と「商業輸入」の2種類があり、それぞれ輸入関税の算出方法が異なります。

  • 個人が使用する目的で海外から商品を輸入する場合は「個人輸入」
  • 第3者への販売を目的とした輸入の場合は「商業輸入」

となります。
個人輸入と商業輸入は税関での判断となりますが、輸入する商品の物量が極端に多くない限り、個人輸入での関税算出を頭に入れておけば大丈夫です。

個人輸入の関税算出方法

個人輸入の関税算出方法は以下の通りです。

【個人輸入時の関税算出方法】
課税対象額(商品代金+送料) × 60% × 関税率 = 課税額

個人輸入の場合、関税は商品価格(海外小売価格)の60%の金額が課税対象となり、課税対象額の合計が10,000円以下であれば免税扱いとなり関税はかかりません。

商業輸入の関税算出方法

商業輸入の関税算出方法は以下の通りです。

【商業輸入時の関税算出方法】
課税対象額(商品代金+送料) × 関税率 = 課税額

商業輸入の場合は、課税対象額全額に対して輸入関税が課税されます。

関税率

関税の税率は主に「簡易税率」と「一般税率」に分けられます。

基本的には、一般税率が適用されるのですが、課税価格の合計が20万円以下の場合には、これとは別に簡易税率が適用されます。

これら関税率は、商品によって非常に細かく定められていますので、最終的な関税率に関しては税関に問い合わせて随時確認していきましょう。

消費税

お金を持っている

海外輸入品には関税に加えて消費税も課税されます。

消費税も関税の算出方法と同じく、課税対象額に消費税率がかかります。

【個人輸入時の消費税算出方法】
課税対象額(商品代金+送料) × 60% × 0.08 = 消費税額

関税+消費税の予測見積り

電卓と紙とペンが置いてある

輸入ビジネスでの商品見積りを行う際には、当然ながらこの関税と消費税も頭に入れておかないといけません。

特に関税については、扱う商品によって該当する税率も異なるので、完全に見積り予測を立てることは難しいですが、僕の経験則上、商品代金×10%で予測しておけばある程度の範囲内に落ち着くので、ぜひ見積もりの時に試してみてください。

正確な輸入コストの見積りが出来るように、関税と消費税の知識を身に付けておきましょう!

関税と消費税の支払い方法について

クレジットカード決済をしている

個人で海外から商品を輸入した場合の関税+消費税の支払い方法としては、
主に以下の3通りが挙げられます。

  • 現金着払い
  • 銀行振り込み
  • クレジットカード決済

それぞれの支払い方法について、具体的に説明していきます。

現金着払い

輸入商品が自宅に届いた際に、配達員の方へ現金で関税と消費税をお支払いするというとてもシンプルで分かり易い支払い方法です。

ただし、扱う物量が増えてくるとそれに比例して、関税と消費税の支払い金額も高額になっていきますので、ある程度手元に現金を用意しておく必要があります。

銀行振り込み

海外から輸入した商品が日本に届き、通関が切れた後に、関税と消費税の請求が届くので、その代金を指定の銀行口座に振り込みます。

銀行振込みでの支払いの場合は、振り込み分の入金確認が取れるまでは運送業者の配送が一時的にストップしてしまう点に注意が必要です。

輸入代行業者を利用して商品を輸入する場合、輸入関税と消費税を先に立替えて支払いをしてくれる業者もあります。

クレジットカード決済

海外から商品を輸入した際にかかる関税と消費税ですが、1番オススメ支払い方法はクレジットカードでのお支払いです。

クレジットカード決済であれば、手元に現金を用意しておく必要もありませんし、銀行振り込みのように支払いが完了するまで商品の配送がストップしてしまうということもありません。

ただし、OCSとEMSでは関税と消費税のクレジットカード決済には対応していません。

DHLとFEDEXを利用した場合のみ、クレジットカード決済が可能ですので、その利用方法について説明していきます。

DHLの場合

DHLを利用した輸入の際に、関税のクレジットカード決済を希望する場合は、DHLカスタマーセンターに電話をして、その旨を伝えれば問題なくクレジットカード決済に変更できます。

ただし、カスタマーセンターに電話を掛けるタイミングは、MyUSからDHLの運送状番号の通知が届いてからですので、ご注意ください。

 

DHLカスタマの電話番号は0120-39-2580です。

 

電話をかけると自動音声が始まりますので、

「4→5→2」

の順に電話のボタンを押すと、オペレーターさんに繋がります。
ちなみに、DHLは海外の企業ですが、オペレーターさんは日本人の方なので日本語で対応してくれます。

「クレジットカードで関税の支払いをしたい」

と伝えれば、運送番号を聞かれますので、DHLから届いた通知の運送番号を伝えてください。

確認が終わると、メールアドレスか連絡の取れる電話番号を聞かれるので、クレジットカード支払いができます。

FEDEXの場合

FEDEXは、DHLに比べると比較的貨物データの反映に時間がかかります。

その為、荷物を受け取る前にクレジットカード決済の希望を伝えても、関税と消費税の算出が出ておらず、支払いが出来ないケースが多々あります。

FEDEXの場合には、請求書が届いた後にクレジットカード決済の希望を伝えて、支払い方法を切り替える方がスムーズです。

FEDEX貨物の追跡ページ

以上、輸入ビジネスにおける関税と消費税の支払い方法について解説しました。

最後に

輸入時に掛かる関税と消費税について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

正直、最初はよく分からないと思います。

ですが、関税や消費税を丼勘定してしまうと、1商品辺りどのくらい利益が出ているのかもわからなくなります。

関税と消費税は毎回仕入れをする時にかかってくる費用ですので、出来るだけ鮮明に把握できるように日々勉強して知識を身につけていきましょう!

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です