クラウドファンディング、楽天市場、ヤフーショッピングを使った中国輸入Amazon物販での商品リサーチ方法

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は、輸入ビジネス商品リサーチ編ということで、
「クラウドファンディング、楽天、ヤフーショッピングを使った商品リサーチ方法」について解説していきます。

それでは早速内容に移っていきましょう。

どんなリサーチ方法なのか?

  • クラウドファンディング
  • ヤフーショッピング
  • 楽天市場

以上のショッピングサイトで、すでに人気がある商品をヒントとし、同じ商品または似た商品をAmazonで販売していくことを目的としたリサーチ方法になります。

商品リサーチをする前に

何も考えずに商品リサーチをしても、なかなか儲かる商品は見つかりませんので、基本的な枠組みを決めてから商品リサーチを始めましょう。

  • 中国輸入で儲かる商品の特徴を把握する
  • 中国輸入で儲かる商品を具体化する

まずは儲かる商品の特徴を知る事が大切です。
必ず商品リサーチをする前に、儲かる商品の特徴に沿った商品を具体化してから、商品リサーチを始めるようにしてください。

この工程をワンクッション挟むだけで、儲からない商品を選ぶ事がなくなります。

以上の2項目は、こちらの記事にも記載しておりますので参照ください。

クラウドファンディングを使った商品リサーチ

makuake logo

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、資金調達のリスクを低減することが可能になるというものです。

難しく聞こえますが、要するに、「〇〇をやる為の資金がなくて困ってます。資金協力してくれる人いませんか?」と、支援を募る事です。

例えば、「こんなお財布を作るんだけど、欲しい人いませんか?」という風なプロジェクトに対して、「そんな財布を探してました!支援します!」という人が支援をし、多数の人からの支援金でプロジェクトを進めていくというような具合です。

クラウドファンディングでは、数千万円の支援金が貯まるということもザラにあります。
資金が集まっているということは、そのプロジェクト(商品)がそれだけ求められているということが言えます。

比較的、高い金額で支援金を募っている事が多いのにもかかわらず、数千万円の支援金が貯まるわけですから、大手ショッピングサイトのAmazonで同じような商品を販売すれば売れる可能性は十分あるというわけです。

また、中国で売っている商品を、新商品開発プロジェクトということにして支援金を募る人もいますので、同じ商品を中国から仕入れられることも往々にしてあります。

クラウドファンディングで支援が集まっていて、Amazonにまだ参入していない商品があるのであれば、誰よりも先にAmazonに参入して利益をとりにいくという方法が、クラウドファンディングを使った商品リサーチの目的になります。

クラウドファンディングで支援が集まっている商品を把握する

では、一体どんな商品に支援が集まるのか確認してきましょう。
まず、中国輸入で儲かる商品であるという事が大前提ですので、「小さく、軽く、頑丈な商品」という条件に合う商品を探していきましょう。

今回は、例として、makuakeというクラウドファンディングサイトを使って「スマホスタンド」を調べていきます。

 

検索すると多くのプロジェクトが表示されます。
数十万円〜数千万円の支援が集まっているものまで、多くのプロジェクトが存在します。

今回は、多くの金額が集まっている赤枠部分のスマホスタンドを選択します。

 

このプロジェクトを例に解説していきます。

赤枠部分を見ていただければお分かりいただけるかと思いますが、この商品は、定価2500円の商品で、17000人を超える人が支援をしていて、5000万円以上の支援金が集まっています。

この商品は、MOFT Xというブランドの商品のようですが、そこまで有名なブランドではない為、ブランドに引かれて17000人もの顧客がこの商品を買い求めたとは考えにくいです。

応援コメントを見れば「機能とデザインに惚れて支援をした」と評価している人が多く存在します。

ブランド力抜きで、デザインや機能だけで数千万円の支援が貯まるわけなので、求めてる人が多いという事でしょう。

 

ここで、この商品をAmazonで販売してみたらどうだろうか?と考えるわけです。

 

当然、Amazonとクラウドファンディングとでは、顧客層は異なります。
ですが、クラウドファンディングだけでこれだけの人が支援しているということは、国内最大級のショッピングサイトであるAmazonの顧客内でも求めている人は多い可能性があると判断できます。

全く同じ商品でなくとも、同形状の商品、同じ機能を持っている商品を求めている顧客層はいるかもしれませんので、Amazonで調べていく価値は十分あると言えましょう。

このようにして、クラウドファンディングを使って商品を探していきます。

楽天市場を使った商品リサーチ

楽天ロゴ

Amazonに次いで、国内ショッピングサイトシェア率第2位を誇る大型ショッピングサイトになります。

楽天市場で売れている商品で、Amazonでまだ販売されていない商品はまだまだあります。
Amazonで販売すれば売れる可能性は十分ありますので、チャンスを見つけて商品を販売していきましょう。

楽天市場で検索上位の商品を把握する

では、一体どんな商品が楽天で売れているのか確認してきましょう。
まず、中国輸入で儲かる商品であるという事が大前提ですので、「小さく、軽く、頑丈な商品」を探していきましょう。

今回は一例として、「扇風機 首掛け」で検索していきます。

 

検索上位4位までの商品に注目してみていきましょう。
商品ジャンルの需要規模によりますが、検索順位1位〜4位までは売れている商品と判断してよいでしょう。

今回は、検索1位の商品に着目します。

 

携帯扇風機というと、お祭りの景品のようなチープな物を連想するイメージがありますが、見た目もオシャレですし、販売価格もそこまで高くないので人気の理由が分かります。

ここで、

  • Amazonで同じ商品、または似た商品が販売されていないかな?
  • もしいないのであれば、Amazonで販売したら売れるのではないか?

と考えるわけです。

楽天市場で売れている商品そのものを把握することも大事ですが、ニュアンス(携帯扇風機のオシャレ路線とか、携帯扇風機の高級路線)を把握する事も大切になります。

同じ商品でなくとも、ニュアンスが同じ商品であれば、Amazonで売れる商品になる可能性は十分あると考えることができます。

ヤフーショッピングを使った商品リサーチ

Yahoo shopping logo

Amazon、楽天市場に次いで、国内ショッピングサイトシェア率第3位を誇る大型ショッピングサイトになります。

ヤフーショッピングで売れている商品で、Amazonでまだ販売されていない商品もまだまだあります。
Amazonで販売すれば売れる可能性は十分ありますので、チャンスを見つけて商品を販売していきましょう。

ヤフーショッピング検索上位の商品を把握する

では一体、どんな商品がヤフーショッピング で売れているのか確認してきましょう。
まず、中国輸入で儲かる商品であるという事が大前提ですので、「小さく、軽く、頑丈な商品」の条件に当てはまる商品を探していきましょう。

今回は、例として「ゲーミングイヤホン 」で検索していきます。

基本的には、楽天市場でのリサーチ方法と同じになります。

検索上位4位までの商品に注目してみていきましょう。
商品ジャンルの需要規模によりますが、検索順位1位〜4位までは売れている商品と判断してよいでしょう。

今回は、レビュー数の多い検索4位の商品に着目します。

見た目もかっこよく、1500円と安価で音質も良いからこそ人気があるのでしょう。

楽天市場でのリサーチと同じように、ここでも、

Amazonで同じ商品はあるかな?
Amazonで販売したら売れるのではないか?

と考えるわけです。

Amazonで同じ商品または似た商品がないか検索をする

以上の3つのリサーチ方法で見つけた商品を、今度はAmazonで検索していきます。
同じ商品または同じニュアンスの商品が、まだAmazonに無いのであれば大きなチャンスと言えます。

正直、早い者勝ち要素もありますので、ライバルが参入してこないうちに、なるべく早く販売して先行者利益をとりにいきましょう。

ここでのポイントとして、

・最低でも2ページ目までは確認すること
・複数のキーワードで検索してみること

が挙げられます。その理由は以下で解説していきます。

最低でも2ページ目までは確認すること

1ページ目だけではなく2ページ目以降に表示される商品も多々ありますので、最低でも2ページ以上は確認するようにしましょう。

ただ、Amazonを利用された事がある方ならお分かりかと思いますが、基本的に、購入者は1ページ目しか見ませんので、検索キーワードに対して、2ページ以降に表示される商品は、基本的に売れ無い商品であると言えましょう。

SEO対策や商品ページがテキトーな商品なら、2ページ目以降に表示されていても仕方ないですが、ある程度商品ページが作り込まれているのに対して、検索順位が低いのであれば参入しない方が良い商品となります。

その商品はAmazonでは売れない商品と言えるでしょう。

複数のキーワードで検索してみること

例えば、上記で説明したクラウドファンディングでのリサーチで見つけた商品を、Amazonで「スマホスタンド」で検索しても商品は出てきませんでした。
ですが、「スマホスタンド MOFT」で検索すると、、、

検索はヒットし、すでに複数の販売者が商品を販売しているということも確認する事ができました。

このように、「あるキーワードではヒットしなかったが、このキーワードではヒットする」という事が往々にしてありますので、商品の特徴を掴んで、複数のキーワードで商品を探していきましょう。

需要規模を確認する

もし、同じ商品や似たような商品がAmazonにまだ無い場合は、参入チャンスと言えます。
ですがその前に、Amazonでのその商品ジャンルの需要規模を調べましょう。

参入して検索順位1位になっても、需要が小さかったらなかなか売れません。

クラウドファンディング、楽天市場、ヤフーショッピングで人気があった商品ですから、全く売れないということはないにしろ、しっかりとAmazonでの需要の規模感を把握しておかなければいけません。
需要あるジャンルに参入する事は基本ですので、参入する前に必ず確認しましょう。

直近1ヶ月の販売実績を確認する

  • すでにAmazonで販売されていた同一商品のAmazonでのポジションを奪う戦略の場合は、同一商品の売上実績
  • 同じ商品がまだAmazonで販売されてない場合は、同一ジャンルの商品の検索順位1位〜4位の販売実績

それぞれ、どのくらいの販売実績なのかを把握できれば、どのポジションでどのくらい売れるのかが把握できます。

ここでは、例を出して解説していきます。

クラウドファンディングでのリサーチで見つけた「スマホスタンド MOFT X」で検証していきましょう。

1位〜4位全ての商品が、同一商品です。

それぞれのASINコードをコピーして、アマテラスでリサーチをしていきます。

リサーチ結果を見る限り、

  • 1位のポジションを取れれば大きく稼ぐ事ができる。
  • 2位のポジションでは、数万円しか稼ぐことができない。
  • 3位以下は、稼げるポジションでは無い。

ということが読み取れます。

販売するからには検索順位1位を目指すので、トップ4位までは最低でも販売実績を確認しておきましょう。

ライバルの状況確認する

参入するべきかどうかに関しては、この部分がとても重要になります。
ライバルの強弱を把握し、本当に参入チャンスがあるかどうか見極めましょう。

まずどこに着目するべきなのか?

レビューの☆の数と合計数

☆4.5〜☆5の商品で、レビュー数が100個を超えている商品は、参入しても勝てる見込みは薄いです。

☆5に近いということは、そのジャンルの商品として優れているということですので、☆4以下の商品が多いジャンルに参入すれば、勝てる見込みはあるでしょう。

また、レビューというものは簡単につくものではありません。
購入してくれた顧客の中から数%の顧客しかレビューはしてくれないものですので、レビューの数があまりにも多い商品に追いつくには相当時間がかかりますので、参入は難しいと判断するべきと言えます。

販売価格

1980円以下を下回る商品は基本的に利益を出す事が困難ですので、参入を控えましょう。

原価が安い商品であれば利益を残すことも可能ですが、中国商品は基本的に「安かろう悪かろう」ですので、相場を大きく逸脱したような格安商品は、不良品がほとんどです。
ですので、販売価格はある程度高い商品に参入し、商品の品質を保つようにしていきましょう。

2980円〜4980円の価格帯の商品が、一番利益が取りやすく、比較的売れる商品商品が多いです。

商品画像

ネット通販は、商品を実際に手にとって確認する事ができないため、商品画像が購入判断に与える影響はとても大きなものになります。

Amazonでは商品画像を7枚設定する事ができます。
実際には9枚設定できますが、商品画像をクリックしない状態では7枚までしか表示されませんので、7枚と考えましょう。

1枚目は白抜き画像、2枚目以降が自由に設定できる商品画像になります。

商品画像が全て白抜きだったり、画像が7枚設定されていなかったり、画質が悪かったりする商品ページは、それだけで参入チャンスがあると考えましょう。

商品画像が雑な事が原因で売れないこともありますし、商品画像が雑でも売れているのであれば、商品画像に手を加えればもっと売り上げが上がるのです。

商品画像に関して、こちらの記事でも解説していますのでご参照ください。

商品ページ作り込み

商品タイトル、説明文、商品紹介コンテンツ、SEO対策、これらは顧客というよりも、Amazon側に商品を識別してもらい、顧客が検索したキーワードに対しての検索結果に、自社の商品を表示させてもらえることができるかどうか左右するとても重要な部分になります。

テキトーに設定していれば、Amazonの検索エンジンに引っかからず、一向に売れないということになりますので、この部分の設定が甘い商品ページは参入するチャンスであると言えます。

商品ページの作り込みに関して、こちらの記事でも解説していますのでご参照ください。

こんな場合は参入チャンス

商品は売れているのに、商品ページの作り込みが雑

この場合は、商品ページを作り直して販売すれば、ライバルの需要を奪う事ができます。
顧客側に立ってみても、どうせ同じ商品を買うなら、ちゃんとした商品ページの方が信頼できますよね。

販売価格がやたら高くて、売れていない

相場2980円の商品が、7980円など高すぎる販売価格で売られている場合は、販売価格を適正にすれば売れる商品にこともあります。

商品ページは綺麗で、そこそこ売れていて、高評価レビューが少数

高評価レビューがあっても10個くらいであれば、後から参入して需要を奪う事も十分できます。
同じ商品であったとしても、何かおまけをつけて販売したり、ポイントをつけて販売したりすれば、顧客の需要は、こちらへと流れてきます。

参入候補商品をストックしておく

ASINコードと弱点を書いて、ストックしておく

ライバルの弱点があり、参入できそうな商品であれば、参入候補商品の弱点とASINコードを控えておきましょう。

この後の工程で、商品の原価を調べ、利益計算をしますが、商品原価と販売価格が合わなくて利益が出ないというケースも多くありますので、その場合は、別の商品を探さなければいけません。

スピーディーにヒット商品を生み出すためにも、気になる商品や、思いついた商品はストックしておく癖をつけましょう。

最後に

クラウドファンディング、楽天、ヤフーショッピングを使った商品リサーチ方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

Amazonだけでリサーチをしなくとも、別のショッピングサイトなどから売れる商品のヒントをもらって、Amazonで販売していく事もできますので、ぜひ、このリサーチ方法で儲かる商品を見つけて頂ければと思います。

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です