Amazonスポンサープロダクトの広告戦略

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

こちらの記事では『Amazonでヒット商品にするための販売戦略論』に記載してある
「Amazon広告の検索上位に来るように設定をする」という項目の重要なポイントをより深く解説していきます。

それでは早速内容に移っていきましょう!

広告を使うメリット

広告

通常は、カテゴリーごとのAmazonランキングによって検索順位が決まりますので、出品直後のランキング圏外の状態では、顧客に商品が認知されませんので全く売れません。

商品の実売でしかAmazonランキングは上昇しませんので、ランキング圏外の状態から検索順位を挙げるのは困難を極めます。

ですが、Amazon広告を使うことにより、出品直後の商品でも検索上位にいきなり表示させることができるのです。

無名の商品をいきなり売れ安い市場に押し上げることができるのが広告を使うメリットと言えます。

新規出品の商品は広告活用必須

新規出品ということは、いわば無名の商品です。
顧客からもAmazonからも認識されておらず、アクセス数が全くない状態と言えます。

どれだけ良い商品を出品していても、顧客から認知されなければ一生売れることはありません。

出品直後の商品ページにアクセス数を増やすためには広告を使うしかないと考えましょう。

広告を使って露出を増やす

まずは、顧客の目に止まることが重要になりますので、顧客に認知してもらえるように自社商品の露出を増やしていきましょう。

関連する多くのキーワードに対して広告で表示されるように広告の設定を行い、「うちのお店ではこんな商品を販売していますよ!」とアピールすることが大切です。

広告は上位表示できなければ効果が薄い

広告を使う理由は露出を増やす為ですので、大前提として顧客に見られるポジションに表示しなければ効果は薄いです。

たとえば、検索結果の1ページ目のトップに表示されるのと、スクロールした最後に表示されるのとでは、露出頻度が大きく異なります。

そもそも、Amazonを使う顧客の大半は、検索1ページ目の真ん中あたりまでの商品しか見ないという場合が多く、2ページ目以降は殆ど見られることがありません。

ですので、どのポジションに広告を表示するかによって広告費用は変わってきますが、いくら広告の費用を抑えたいからといって、3ページ目に表示されるような広告の使い方をしていては、広告で得られる効果は薄いと言えましょう。

あくまでも、多くの顧客に認知されるために広告を使っているわけですので、検索上位に表示させることは必須となります。

広告順位1位〜4位に入るように設定する

広告上位とはいっても順位によって、表示場所が異なります。
Amazon広告

このように、検索結果の一番トップは広告から始まり、広告で表示されている商品には「スポンサー」と商品画像の左下にグレーの字で記載されます。

左から順番に1位〜4位となっており、広告で上位に表示できるのは1位〜4位の商品のみです。
5位以降は商品ページ真ん中と商品ページ後半に表示されます。

最も露出が多い広告順位1位を獲得するのが理想ではありますが、その分広告単価も高くなります。

ですので、最低でも検索結果の上位部分に表示される1位〜4位の間に広告を設定しましょう。

最後に

広告の検索上位に来るように設定をする際の重要なポイントについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

広告はただ設定すれば良いというものではなく、表示させる場所によって売り上げと必要な広告資金が変わってきます。

顧客から最も認知される部分に表示させることが肝ですので、広告表示させるポジションはしっかりと考えた上で広告設定をしていきましょう!

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

 

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です