AmazonSEOに強い商品タイトルの作り方

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は、輸入ビジネスの出品準備編という事で、
「検索にヒットしやすいSEOを意識した商品タイトルの作成方法」について解説していきます。

商品タイトルは、顧客が検索するキーワードに対して、Amazon検索エンジンA9が商品を表示させるかどうか判断する重要な要素となります。

Amazonの検索エンジンに評価される適切な商品タイトルの作り方を学んでいきましょう!

それでは早速内容に移っていきます。

タイトルを設定する上での基本的な考え方

ここでは、商品タイトルを設定していく上での基本的な考え方を解説していきます。
基本をしっかりと理解した上で、商品タイトルを作成していきましょう!

出品する商品に関連性が薄いキーワードは一切使わない

商品タイトルは、顧客へ商品を紹介する要素も入っていますが、それと同時に、AmazonでのSEOにも大きく関わる部分となります。
ですので、顧客とAmazonの両方に評価される商品タイトルを作らなければいけません。

AmazonのSEOを考えると、関連性の薄いキーワードを商品タイトルに入れてしまうことは、Amazonからの評価を悪くすることになりますので、関連性のあるキーワードのみでタイトルを構成していくことが重要となります。

関連性の薄いキーワードの一例

ここで例を挙げて解説していきます。
以下の画像の商品を出品する商品として関連性の薄いキーワードを挙げていきます。

 

関連性の薄いキーワード

  • 透明スマホケース(出品する商品は透明ではない)
  • アンドロイドケース(出品する商品はアンドロイドではなくiphoneである)
  • シリコンスマホケース(出品する商品はシリコンではない)
  • iphone5ケース(出品する商品はiphone10用である)

このように、出品する商品と関係のないキーワードはSEOの評価を悪くしますので、設定しないようにしましょう。

関連性が薄いキーワードを設定することで起きる弊害

関連性の薄いキーワードを設定してしまうと、以下のような弊害が起きます。

  • iphone5のスマホケースを求めている顧客に対して、iphone10用のスマホが表示されるため購入されない。
  • 商品ページをクリックされたとしても、求めている商品ではないので購入されないため、商品ページのクリック数だけ増えて購入につながらない。

以上のように、求められていない層に商品を表示することになってしまい、クリック数だけ増えて購入につながらない商品になってしまいます。
ですので、関連性の高いキーワードのみでタイトルを構成していきましょう。

関連するキーワードだからといって設定しすぎない

関連性の薄いキーワードを設定することはNGですが、関連するからと言って何でもかんでもキーワードを設定してしまうのもNGとなります。

以下で「関連するキーワードの設定しすぎ」についてより詳しく解説していきます。

関連するキーワードを設定しすぎたタイトルの一例

悪い例

このように、何でもかんでもキーワードを入れすぎているタイトルは、顧客からの見栄えも悪く、AmazonのSEO的にも評価されづらいです。

「最も優先するキーワード」のみをタイトルに入れて構成する

「最も優先するキーワード」とは、出品する商品に最も関わりの深く、多くの顧客が検索するであろうキーワードという意味です。

上記で解説した「手帳型スマホケース」を例に出して考えてみましょう。
キーワード解説

以上のように、

  • 関連性があって、顧客が検索エンジンに入力しそうなキーワードは全て優先すべきキーワード
  • 関連性があっても、顧客が検索エンジンに入力しなさそうなキーワードは全てそこまで重要ではないキーワード

と判断することができます。

タイトルで設定しない関連するキーワードは、検索キーワード欄に設定する

関連するキーワードには優先順位があると先ほどお伝えしましたが、タイトルに入れるものは最も優先するべきキーワードのみです。

ただ、せっかく関連性があるキーワードですので、顧客の検索に引っかかるように検索キーワード欄に設定していきましょう。

商品タイトルは少数精鋭のキーワードでコンパクトに仕上げる

商品タイトルは、「最も関連性の深く、購入につながりやすいキーワードを使ってコンパクトに仕上げる」ことが最も顧客とAmazonSEOから評価されやすいとされています。

どのようなタイトルを手本にすれば良いのかについて以下で解説していきます。

理想のタイトルの一例

良い例

良い例

以上のようなタイトルは「最も関連性の深く、購入につながりやすいキーワードを使ってコンパクトに仕上げている」と言えましょう。

適正なタイトルを設定することで得られるメリット

「最も関連性の深く、購入につながりやすいキーワードを使ってコンパクトに仕上げる」

この条件に従ってタイトルを作ると、以下のようなメリットがあります。

  • 顧客は商品を判断しやすくなり、購入意思の持った顧客がクリックしてくれるようになる。
  • 「考えて作り込んでいる」とAmazonでSEO評価され、SEOで有利になる
  • 余計なキーワードが入っていないので、求めている顧客によりピンポイントに表示させることができる

Amazonで検索、上位表示を狙うにあたって、Amazon検索エンジンA9に評価される商品ページを作ることが基本ですので、顧客からだけでなく、Amazonにも評価される商品ページにしていきましょう。

商品ページ内でキーワードを重複させない

商品タイトルで設定したキーワードは、「検索キーワード」「商品説明文」「商品紹介コンテンツ」では使わないということです。

同じキーワードが商品ページ内に複数あると、Amazon検索エンジンA9に親切ではないとされていますので、重複しないようにキーワードを設定しましょう。

タイトルの構成を考える

商品タイトルを決めるにあたって基本的な型がありますので、それに沿った商品タイトルを作ることをオススメします。

以下で解説していきます。

「ブランド名→BIGキーワード→カラー→サイズ→仕様→型番」の順番が基本

「ブランド名→BIGキーワード→カラー→サイズ→仕様→型番」の型に沿ってキーワードを嵌め込んでいけば、比較的簡単にタイトルを作ることができます。

使うキーワードが決まったら型に嵌めるだけですので、上記の型を使ってタイトルを作成していきましょう。

出品する商品のBIGキーワードを考える

例えば、以下の商品なら、このようなキーワードで検索する人が多いと感じるはずです。

・「スマホケース 〇〇」
・「iphoneケース 〇〇 〇〇」

この商品でいえばBIGキーワードは「スマホケース」「iphoneケース」になります。
BIGキーワードとは商品の名称の事です。

まずは、これから出品する商品のBIGキーワードを考えましょう。

BIGキーワードをAmazonサジェストで検索する

先ほど考えたBIGキーワードをAmazonサジェストで検索し、関連するキーワードを探していきましょう。

サジェスト機能とは、多くの顧客がAmazon検索エンジンで検索するキーワードを探し出してくれる機能です。

検索需要の規模感は確認することができませんが、キーワードを入力するだけで、関連する多くのキーワードを見つけ出してくれるとても便利な機能です。
すぐにアクセスできるように、お気に入りに登録しておきましょう。

 

BIGキーワードを入力して検索してみましょう。

Amazonサジェスト解説

出品する商品と関連性の高いキーワードだけをストックする

検索をすると以下のように関連するキーワードが表示されます。
関連性のあるキーワードのみをストックしましょう。

Amazonサジェスト解説

型に嵌めて商品タイトルを作る

顧客が検索する関連性のあるキーワードが判明したところで、そのキーワードを使い、先ほど説明した型を使って商品タイトルを作っていきましょう。

例えば、
「ブランド名→BIGキーワード→カラー→サイズ→仕様→型番」
(ルイヴィトン 長財布 ブラウン Mサイズ フランス仕様 GT01)

と言ったように型に嵌めてタイトルを作っていきます。

ここで注意する点があります。
キーワードとキーワードの間には半角スペースを使って区切りましょう。
Amazon検索エンジンA9では、半角スペースでキーワードごとを区切るのがルールですので、このルールに従い、キーワードごとに区切っていきましょう。

例えば、
「スマホケース(半角)手帳型(半角)スマホケース手帳型」と言ったように、半角で区切らなければ、つながったキーワードと判断されてしまいます。
「スマホケース」「スマホケース手帳型」では全く別のキーワードになりますので注意していきましょう。

定期的に広告レポートを見てタイトルをブラッシュアップ

一度完成したタイトルで商品を販売していくわけですが、決めたタイトルをそのままずっと使い続けるわけではありません。

というのも、最初に設定したタイトルは、あくまで憶測で設定しただけですので、正確なキーワードを選べているとは言い切れません。

そこで、出品後に広告を使って購入につながるキーワードを調べ、そのデータを元に、またタイトルを作り直していきます。

「検証→編集→検証→編集→検証→編集」を繰り返し行い、最も購入に繋がりやすいキーワードを探し出し、タイトルを作り直していくことが重要です。

最後に

検索にヒットしやすいSEOを意識した商品タイトルの作成方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

商品タイトルというのは、ただ商品の名前を入力すれば良いものではありません。

Amazonに評価されるキーワードを散りばめた商品タイトルにしなければ、顧客の検索に引っかかることはありません。

Amazon検索エンジンA9に評価されるような有効なキーワードを探し出し、そのキーワードを元にタイトルを設定していきましょう!

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です