AmazonSEOに強い商品説明文の作り方

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は、輸入ビジネスの出品準備編という事で、
「検索にヒットしやすいSEOを意識した商品説明文の作成方法」について解説していきます。

商品説明文は、「顧客への商品説明」と「Amazon検索エンジンA9に評価される」ことを目的に、設定していく必要があります。

Amazonでの適切な商品説明文の作り方を学んでいきましょう!

それでは早速内容に移っていきます。

基本的な型に沿って商品説明文の構成を考える

商品説明文を決めるにあたって、基本的な型がありますので、それに沿った商品説明文を作ることをオススメします。

どのような商品説明文を作れば良いのか以下で解説していきます。

説明文1行目~3行目:商品の仕様を解説

1行目から3行目は商品の仕様の説明に使うのが基本と言えます。
何を設定するべきか悩む方は、基本に沿って説明文を作成してみましょう。

仕様の解説は、大きく分けて「機能」「材質」の2種類に分かれます。

商品の機能について

出品する商品が「バッグ」だった場合を例に解説していきます。

機能の解説は「バッグ」で言うところの、
・ポケットは何個ついているのか
・ポケットに何が入るのか
・どのように使えるのか
といったニュアンスの部分を言います。

例えば、
[ipad mini が楽々入る大容量、使いやすさを徹底した機能的デザイン]ipad mini、長財布、メモ帳、iphone、500mlペットボトル、パスケース、イヤホン、ポータブル充電器、ライトニングケーブルなどが収納できる大容量のボディーバッグ。スマートかつスタイリッシュに収納してお出かけをお楽しみください。

といったような説明文になります。

商品の材質について

こちらでも、出品する商品が「バッグ」だった場合を例に解説していきます。

材質の解説は「バッグ」でいうところの
・どんな材質を使っているのか
・その材質を使うことによってどうなるのか
・それによって購入者にはどんなメリットがあるのか
といったニュアンスの部分になります。

例えば、
[防水性の高いPUレザー]撥水性の高い高級PUレザーですので、突然の雨でも大切なアイテムを守ります。撥水素材を使っていますので、雨による水滴、ちょっとした汚れも寄せ付けません。 末長くご愛用頂けます。

といったような説明文になります。

説明文4行目:「サイズ」「重量」「セット内容」等を解説

4行目は「サイズ」「重量」「セット内容」等の説明に使うのが基本と言えます。

例えば、
[サイズ:縦25cm×横15cm×暑さ5cm] [重量:1.5kg] [セット内容:商品本体+説明書+保証書]

といったような形になります。

説明文5行目:保証について

5行目は保証について解説するのが基本と言えます。
保証とはいっても、自社オリジナルで行う保証ではありません。

Amazonでは、元々商品購入後30日以内であれば返金返品が可能なシステムがありますので、そのシステムを自社保証として解説しましょう。

例えば、
[保証]〇〇社では、30日間メーカー品質保証をつけて販売しております。
お客様にはご満足頂きたい為、30日間全額返金保証付きでお届けします。
品質には自信はありますが、不具合などございましても真摯に対応させて頂きますので、ご安心ください。

といったような説明文となります。

検索キーワード蘭に設定したキーワードを説明文に織り込んでいく。

上記で解説したような商品説明文を作り終わった後、検索キーワード欄に設定した出品商品と関連性のあるキーワードを使って説明文に織り込んでいきます。

上記のままでは、商品のただの説明文でしかなく、Amazon検索エンジンA9に評価される説明文とは言えません。

そこで、Amazonに評価される為に、一度完成した説明文をベースに、検索キーワード欄にあるキーワードを使って説明文を改良しましょう。

 

例えば、検索キーワード欄のキーワードが「大容量 収納 ボディーバッグ」だったとした場合、商品説明文にこの3語を織り込む必要があるということです。
織り込み方は以下のようになります。

検索キーワード欄:「大容量 収納 ボディーバッグ

[ipad mini が楽々入る大容量、使いやすさを徹底した機能的デザイン]ipad mini、長財布、メモ帳、iphone、500mlペットボトル、パスケース、イヤホン、ポータブル充電器、ライトニングケーブルなどが収納できる大容量ボディーバッグ。スマートかつスタイリッシュに収納してお出かけをお楽しみください。

最後に

検索にヒットしやすいSEOを意識した商品説明文の作成方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

商品説明文も、顧客への印象とSEOに影響を与える大事な要素となりますので、適切な商品説明文を設定しましょう。

あまり説明文が長すぎても顧客は読みませんので、なるべくコンパクトに、わかりやすいように纏めていきましょう!

それでは、最後までお読み頂き有難う御座います。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です