Amazon相乗り転売(相乗り出品)とは?

こんにちは、元ディーラー整備士のガイです!

今回は輸入ビジネスの利益の独占編という事で、
『商品ページを蝕む相乗り販売の手法』について解説していきます。

Amazon新規出品で商品を販売していくにあたり、すでに売れている商品を見つけて真似して販売する「相乗り販売の手法」は脅威となります。
新規出品で商品を販売していく者として、敵を知るためにも相乗り販売についての理解を深めておきましょう。

それでは早速内容に移っていきます!

相乗り販売とは?

輸入ビジネスでよく目にする『相乗り出品』という言葉ですが、これは他のライバルセラーが出品している商品と同じ商品を出品して利益を上げていく販売手法のことを指します。
Amazon販売であれば、ライバルセラーと同じ商品ページに出品する場合に使われます。

相乗り販売で得られるメリット

相乗り出品のメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

販売データや実績を基にした予測が立てやすい

相乗り出品では、現時点で売れ行きが好調で需要の見込める商品のみを扱います。
あまログやアマテラスなどの商品リサーチツールを活用することで、過去の売れ行きから現在の需要と供給バランスを調べることが出来るので、情報に基づいた今後の販売予測がとても立てやすいのが相乗り出品の大きな魅力と言えましょう。

収益発生までの時間が早い

相乗り出品では現時点で売れている・需要の見込める商品を扱いますので、当然ながら出品した商品が自社から買われて売れていくスピードはかなり早いです。
収益発生までの時間が早いということは、キャッシュフローの面を考えても非常に嬉しいメリットと言えましょう。

芋づる式に需要のある商品が見つかる

相乗り出品の基本は、売れている商品をどれだけ見つけられるか、すなわち、どれだけ売れている商品の真似が出来るか?が重要となります。
自分の扱っている商品数やビジネスの規模感にもよりますが、Amazon販売で売れ行きが好調なセラーを見つけて、その出品商品に対して相乗りが可能かどうか、利益が残るかどうかに注力して商品を見ていけば、次から次へと芋づる式に仕入れ候補商品を見つけていくことが出来るようになるのです。

相乗り販売をすることで起こるデメリット

一方で、相乗り出品にもデメリットと言える部分はあります。

価格競争に陥りやすい

相乗り出品は先述の通り、いかに今売れている商品を見つけて真似が出来るかが成果を上げる為に重要なポイントとなります。
ここで注意しなければいけない点は、自分が真似して出品出来る=自分以外のセラーも真似が出来るということです。

自分以外のセラーも真似が出来るということは、当然ながらAmazonの同一商品ページに出品するライバルは群がるように増えてきます。
Amazonで商品を販売する以上、どのセラーもカート獲得を狙ってきますので必然的に値下げ合戦(価格競争)が始まります。

1度値下げが始まると想定していた利益が取れなくなり、中には赤字に陥ってしまう商品も発生する場合があるのです。

商品の旬が短い

上記と関連して、相乗り出品はライバル増加・価格競争というリスクを考慮する必要があります。
利益が取れる商品を見つけて相乗り出品をして、その後売れ行きが好調な商品というのは、他の中国輸入相乗り出品セラーにも非常に目立つ商品となります。

相乗り出品では売れている商品であればあるほど、ライバルが群がってくるリスクは高くなるのです。

1つの相乗り出品商品で半年以上、想定通りの売上と利益を見込むことは難しく、商品単体で3ヶ月以内の販売周期という短いスパンで考えて相乗り販売を行っていきます。

商品リサーチのペースを緩めると売上が下がる

相乗り出品では商品の旬が短いということもあり、比較的短いサイクルで商品を仕入れて販売していく必要があります。
ですので、商品リサーチを緩めてしまうと、仕入れる商品の物量も少なくなり、最終的には販売可能な商品数が減り、売上減少に繋がってしまうのです。

最後に

商品ページを蝕む相乗り販売の手法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

相乗り販売を行う業者は、常に相乗りできる商品を狙っています。
自分の商品が相乗り販売の対象にされるかもしれないという危機感は常に持って、相乗りされた際の対処法や相乗りされないような対策を施していくことが大切です。

こちらの記事で相乗り防止対策について解説していますのでご参照ください。

それでは、最後までお読み頂き有難う御座いました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です